「平成」→「新元号」で『結婚・赤ちゃん』関連銘柄はコレだ!?

 まいど、相場の福の神こと、藤本誠之(ふじもと のぶゆき)です。連載コラムでは、株式、eワラントにまつわる様々な話題をご紹介させていただきます。

 第19回は「平成」→「新元号」で『結婚・赤ちゃん』関連銘柄はコレだ!?です。

 2019年の最大の注目ポイントは、「改元」です。今年の4月30日で「平成」が終わり、5月1日から新元号に変わります。今までは、天皇陛下の崩御に伴う改元だったので、「祝賀」ではなく、「喪」となり、世の中が自粛ムードとなっていました。

 しかし、今回は天皇陛下が退位され、皇太子さまの即位に伴う改元なので、まさに「祝賀」ムードの中での改元です。祝賀に関する相場テーマで考えれば、「結婚」「赤ちゃん」に関わる銘柄が良さそうです。「平成の駆け込み婚」と、新元号最初の結婚と消費税増税前の駆け込み婚が期待できるかもしれません。また、今生まれると「平成」生まれとなりますが、5月1日以降だと「新元号」生まれとなります。5月以降、出生率が急上昇する可能性もあるかもしれません。現在、32歳の方は、「昭和」生まれですが、30歳の方は「平成」生まれです。31歳の方は「昭和」「平成」が混在しています。なんとなく、昭和生まれって言われると、年長っぽく思われるので、新元号になってから、子供を産みたいと思う方は多そうです。
 今回は、相場の福の神こと藤本が選定した「平成」→「新元号」で『結婚・赤ちゃん』関連銘柄をご紹介いたしましょう。

IBJ(6071)東証1部

 東京都新宿区西新宿に本社がある総合婚活サービスを展開している企業です。ネットの「ブライダルネット」、婚活パーティーの「PARTY☆PARTY」、合コンの「Rush合コン」、結婚相談所の「IBJメンバーズ」など、婚活サービスの総合企業です。日本最大級の全国1,629社、登録会員5万9,000人以上の結婚相談所ネットワークの「日本結婚相談所連盟」も運営しています。少子高齢化を防ぐ国策として、「婚活」が考えられるため、総合婚活サービスを提供するIBJは今後大きな成長が期待できそうです。

パートナーエージェント(6181)東証マザーズ

 東京都品川区大崎に本社がある専任コンシェルジュによる高い成婚率を実現する婚活支援サービス「パートナーエージェント」がメインビジネスの結婚エージェント会社です。婚活パ―ティーや、婚活支援事業者向け会員相互紹介プラットフォームの提供なども行っています。「本当に信頼できる結婚情報サービスを提供する結婚エージェント会社」を目指して設立され、「成果=成婚率」に徹底的にこだわり続けることで、成長してきた企業です。最近では、ブラックジャックと、ヤッターマンのドロンジョとのユニークな広告が話題になっている5期連続で増収している成長企業です。

ネットマーケティング(6175)東証2部

 東京都港区南青山に本社があるアフィリエイト広告の事業代理店の広告事業と、Facebookを活用した、日本最大級の恋愛マッチングアプリ「Omiai」を運営するメディア事業が2本柱の企業です。友達から始める恋活を目的としたデーティングアプリ「QooN」も開始しています。広告事業で安定的で着実な収益を稼ぎ、自社運営で高い利益率が望めるメディア事業で、高成長を目指している企業です。

 その他、婚活関連では、街コンのリンクバル(6046)東証マザーズ、イオン系列の結婚相手紹介サービス大手のツヴァイ(2417)東証2部などがあります。また、赤ちゃん関連銘柄としては、育児用品で国内トップのピジョン(7956)東証1部、乳幼児用紙おむつトップのユニ・チャーム(8113)東証1部、乳幼児向け知育玩具のピープル(7865)東証ジャスダックなども関連銘柄として考えられます。

*本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する会社や会社のアナリストとしての意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。

(財産ネット株式会社 企業調査部長 藤本誠之(ふじもと のぶゆき))

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。