『4~6月期GDPは3期連続プラス成長、日本の先行きは明るいのか?』

 2022年4~6月期の日本の実質GDP成長率(1次速報値)は前期比+0.5%、年率換算で+2.2%と、3四半期連続のプラス成長となりました。市場予想の+2.6%には届かなかったものの、おおむね予想の範囲内といえそうです(なお、名目では+0.3%、年率換算では+1.1%)。また、実質GDPの季節調整値は542.1兆円で、コロナ前の2019年10~12月期の540.8兆円を上回りました。GDPの寄与度をみてみますと、実質では国内需要(内需)が+0.5%と3四半期連続のプラス寄与となりました。また、財貨・サービスの純輸出(輸出―輸入:外需)も+0.0%で、2四半期ぶりのプラス寄与となっています。

 需要項目別の動向では民間最終消費支出については、実質+1.1%と、3四半期連続の増加となっています。こちらは、1~3月期に新型コロナウイルス(オミクロン株)による感染再拡大によって、まん延防止等重点措置が発令されて、消費活動に制限がかかっていたことの反動とみることができそうです。4~6月期は、3年ぶりに行動制限のないゴールデンウィークを迎えたことも寄与した面があるでしょう。ただし、7月以降は消費者及び事業者のマインド低下が既に発表済みの各種指標からうかがえることから、まだまだ楽観はできないといったところでしょうか。

 一方、民間住宅は実質-1.9%と4四半期連続の減少となっています。背景には首都圏のマンション販売の減速などが影響しているようで、資材価格の上昇なども影を落としているようです。民間企業設備は実質+1.4%で2四半期ぶりの増加、こちらはDX化やテレワークの拡大などが影響した可能性があるでしょう。公的需要の動向では、公的資本形成については、国土強靭化に伴う防災・減災工事の進展などで実質+0.9%と6四半期ぶりにプラスとなりました。また、政府最終支出については実質+0.5%と3四半期連続の増加。これは、ワクチンの3回目接種が進んだことなどが要因のようです。輸出入の状況では財貨・サービスの輸出は実質+0.9%と8四半期連続の増加で、まだまだ万全の状態ではないとはいえ、自動車の挽回生産による輸出増が寄与しているとみられます。一方、輸入も実質+0.7%増と3四半期連続の増加で、猛暑による電力需要の増大を背景に、原油・天然ガスの伸びが寄与したものとみられます。

 7~9月期以降はコロナ第7波への懸念が残るものの、上海ロックダウンの影響が剥落し、半導体不足の解消やサプライチェーンの正常化などによる生産拡大がプラスに働くでしょう。また、設備投資の回復や自動車などの輸出拡大による押し上げ効果も期待され、GDP成長率は4~6月期を上回る可能性がありそうです。さて、日経平均は6月の戻り高値を突破し、8月17日には29,222.77円まで上昇する場面がありました。3万円回復も近いと強気の市場関係者も出てきましたが、あくまで需給主導とみる向きが多く、実際の先行きは未だ不透明感が強い状況でしょう。近々予定されているジャクソンホール会議というよりは、9月に発表される失業率やインフレ率などを確認してから、方向性がより見えてくることになると筆者は考えており、そこに備えてポジションを整理しておかれると良いかもしれません。

(カイカ証券)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、カイカ証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。