かのうちあやこの「東京ゲームショウ2019」レポート

今年も幕張メッセで9月12日~15日の4日間にわたって開催されたゲームの祭典「東京ゲームショウ2019(TGS2019)」に行ってきた。

今年は、そろそろ次世代ゲーム機が出る噂が聞かれる、いわば狭間の年で、普段なら大型ソフトは出てこないのだが、うれしいことにかなりの話題作が揃っている。

久々の完全ナンバリングタイトル、全くの新作、有名クリエイターの意欲作と目白押しで、大手、老舗に注目が集まりやすい。試遊の列を見てもはっきりそれが現れていて、逆に小型ゲームはさほど混雑していないので並ばずたくさん見られる。インディーズを含め掘り出し物は見つけられそうだ。

東京ゲームショウといえば、基調講演がゲーム業界の流れを掴むうえで重要だという。昨年はeスポーツ、今年は5Gだ。「5Gインパクト〜5Gによってゲームチェンジはおこるか〜」という題でのパネルディスカッションだった。

(参考:https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2019/admission/forum.html

5Gになったらこんなにスゴイ、という話なのかと思っていたら、(モデレータの方はそう持って行きたかったのかもしれないが)、案外現実的なお話が多かった。パネラーのNTTドコモ中村さんから5Gの「誤解とリアルと未来」についてのご説明があったが、日本でもいよいよ20年から5Gが始まるとはいえ、導入当初からどこでも使えるわけではなく、いつでもどこでも10Gbps、1msの低遅延サービスが提供されるわけではないということだ。スクエニの佐藤さんは、そのうえ、電波が帰ってくるときにいくらか削られてしまうことなどと考えると、初めのうちはゲームにあまり影響はないかなと考えていたとのことだった。しかしサービス開始直前になってこうしていろいろ情報が出てくるともう少し考えなければならないかもしれないとおっしゃっていた。ガンホーの森下さんからは速くなったからといってゲームが面白くなるわけではないという発言もあった。

一方で、佐藤さんも森下さんも速くなるのはもちろん良いこと、とても単純にうれしいことだとしていた。ファイルサイズが大きくなっている昨今、ダウンロードに時間がかかって待っている間に離脱してしまう人がいるそうだ。作り手としては、遅延が生じることを見越してどうしてもゲームデザインでカバーするような工夫をしているが、それがいらなくなる。大きなコスト削減だ。中国のオンラインゲーム大手ネットイースのバイスプレジデント、イーサン・ワン氏は、これまでは同じゲームでも低スペック用バージョンとデータ量の多いままのバージョンとふたつ作っていたが、5Gがみなに普及するなら必要なくなる。東南アジアなどでも普及するならゲームが平等になると語っていた。そうすればより多くの人がゲームに入ってくる。作り手も増えて良いゲームができるという循環を生みそうだ。

メーカーのシャープからも小林さんがパネルに参加されていたので、端末側の要因で遅延がおこることを極力避けられるように、また放熱の問題も重要になってくるとのことだった。森下さんは端末について、5G時代にはスペック表で選ばれるのではなく、持ちやすさなどが重要になるのかもしれないとの指摘があった。3年後、本当にタッチパネルなんだろうかという妄想もしているそうだ。

ゲームは5Gにとっての大きな実験場になる。医療関係などと違って少々の失敗は許されるし、安全にかかわるわけではない。その時、ロックフェスのようなイベントができないだろうか。時間と場所を共有する「イベント」はこれから増えていくのではないか。共有の実感を持ち得るゲームフェスができたら楽しいだろうと。今のeスポーツイベントはまだステージから送っているだけで共有ではない。もう一歩踏み込めたらいいのではないかとのアイデアが出されていた。

ドコモの中村さんから最後に、すでに様々な業種の方々と実証実験を行ってきたが、ゲーム業界とはまだやりとりをしていないかもしれない、これからトライしませんかという呼びかけがあった。これがきっかけで、ゲーム業界の欲しい5Gのサービスが提案されて、より素敵な環境ができれば、意外なものが出てくるかもしれない。楽しみにしたい。


(フリーアナウンサー/証券アナリスト かのうちあやこ)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。