グーグルの「Stadia」のインパクトと堅調なゲーム関連株

グーグルやマイクロソフトなど、海外のクラウドコンピューティング大手企業がゲームのクラウド配信・開発分野に本格参入してきています。

ゲームのあり方を根本的に変えるインパクトがあると思われますが、世界的にヒットしているゲームタイトルを提供している日本企業にとってはビジネスチャンスかもしれません。

GDC2019のポイント

3月20日から3月22日にかけて米国のサンフランシスコで、コンピューター・ゲームとその開発に関連する展示会「GDC2019(Game Developers Conference)」が行われました。

GDC2019で話題となったのはアルファベット傘下のグーグルが独自のクラウドゲームプラットフォーム「Stadia」を発表したことです。

また、Xboxを提供しているゲームプラットフォーム大手のマイクロソフトも、昨年クラウドゲームサービスの提供を発表しており、開発は順調に進んでいるようです。

クラウドコンピューティング大手のゲーム業界への本格参入はゲーム業界を大きく変えるインパクトとなるでしょう。

グーグルもマイクロソフトも家庭用ゲーム機を使わずにスマートフォンやタブレットで高品質なゲームを提供することを目標にしており、今後のゲームのあり方が変わるかもしれませんし、ゲーム人口が爆発的に増える可能性を秘めているからです。

クラウドによるゲームプラットフォーム事業において日本企業がグーグルやマイクロソフトに対抗していくのは厳しいとは思われますが、高品質なゲームタイトルをクラウドゲームプラットフォームに提供していくという点では日本企業のビジネスチャンスが広がるかもしれません。

日本のゲーム関連株

世界的に有名なゲームタイトルを提供している日本企業には次の銘柄があります。

バンダイナムコHD(7832)

世界展開している「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」や「ワンピース トレジャークルーズ」、国内では「アイドルマスター」シリーズなどの主力タイトルが堅調。

任天堂(7974)

Nintendo Switchの「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」、「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ」、「マリオカート8デラックス」、「スーパーマリオパーティ」、「スーパーマリオ オデッセイ」、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」、「Splatoon2」など海外で100万本以上販売。

スクエニ HD(9684)

「ファイナルファンタジー」シリーズ、「ドラゴンクエスト」シリーズで有名。「キングダムハーツ」、「SHADOW OF THE TOMB RAIDER」、「JUST CAUSE4」、「OCTOPATH TRAVELER」など有名タイトルも。

カプコン(9697)

「モンスターハンター:ワールド」は累計出荷1,100万本を突破。有料の大型拡張コンテンツ「モンスターハンターワールド:アイスボーン」の2019年度投入を発表、「デビル メイ クライ」シリーズ、「バイオハザード」シリーズなど。

コナミHD(9766)

「ウイニングイレブン」シリーズ、「実況パワフルプロ野球」シリーズなど。「ウイニングイレブン 2019」のeスポーツ世界選手権「PES LEAGUE WORLD TOUR 2019」、「実況パワフルプロ野球2018」を使用したプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」を開催するなどeスポーツにも取り組む。

ゲーム関連株にレバレッジ投資

図は2月に日経平均株価が終値で20,333円17銭という直近の安値を付けた2019年2月8日からの前述のゲーム関連株と日経平均株価の推移を比較したもので、2月8日を100として指数化しています。


この期間、日経平均株価が+5.4%であったのに対して、バンダイナムコHD(7832)は+12.7%、任天堂(7974)は+8.9%、スクエニ HD(9684)は+21.5%、カプコン(9697)は+11.3%、コナミHD(9766)は+12.9%となり、ゲーム関連株のパフォーマンスは指数を上回っていました。

これらのゲーム関連株はeワラントの対象になっており、eワラントを活用すれば現物株投資よりもハイリスク・ハイリターン投資が可能ですので、相場が上昇すると思えばコール型eワラントを購入して現物株投資のように値上がり益を狙います。

世界景気の減速懸念から株価が急落するなど、株式市場には不透明感もありますが、クラウドによってさまざまな端末でゲームに接する機会は増えていくでしょうから、日本のゲーム関連株には期待したいところです。


(eワラント証券 投資情報室)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。