ビットコインの価格の高安を判断するなら、この式を使えば一目瞭然!?

かねてから暗号資産(仮想通貨)を原資産としたレバレッジトラッカーを使ったロングショート戦略を何度かご紹介してきました。

具体的に言うと、ビットコインとイーサリアムの過去の価格を基に、統計学で良く使う回帰分析という手法を使い、両者の間に存在する統計学上、有意な関係式を導き出し、その式を基にロングショート戦略を行っていく方法です。

前回のコラムのイーサリアムの価格が分かれば、ビットコインの価格が分かるって本当!?」をおさらいしますと、2018年11月~2022年2月までの40か月における月次の価格データを基に、両者の関係性を調べると、

ビットコイン(USD)の予測値=7,395(USD)+12.86 × イーサリアム(USD)

という関係式が成り立ちました。

グラフにすると以下の図1の通りです。

そして、この関係性を基に直近の価格データを当てはめてビットコインの予測値を計算したものが図2のグラフになります。

実線が実際のビットコインの価格、点線が前述の回帰式を基に予測したビットコインの価格になります。

ほぼ同様の動きをしており、直近では両者がほぼ重なり合っていることが分かります。これは前述の回帰式の当てはまり具合が非常に高いことを意味しています。

どうやってこの式を使うの?

式の当てはまり具合が高いという前提に立つならば、図2の実線と点線が乖離したタイミングがチャンスとなります。

もし実線>点線であるならば、実際のビットコイン価格がイーサリアムよりも割高に取引されていることを意味します。従って、そのタイミングではビットコインを売って、イーサリアムを買うというロングショートポジションをとることになります。

逆に、実線<点線であるならば、実際のビットコイン価格がイーサリアムよりも割安に取引されていることを意味します。従って、そのタイミングではビットコインを買って、イーサリアムを売るというロングショートポジションをとることになります。

その後、もし理論通りにビットコインとイーサリアムの関係性が収斂していくことになれば、ビットコインやイーサリアムの価格が上がろうが、下がろうが、利益を稼ぐことができます。

今後のシミュレーションの意味で、下の表にイーサリアムの価格とその値から導き出されるビットコインの予測値をまとめました。

一番右の列にある「足元の価格からの騰落率」は、足元のビットコイン価格である約$20,000からの騰落率を表しています。

こちらの表を参考にしていただき、市場でのビットコインの価格が各予測値より安くなった時はビットコインを買い、イーサリアムを売る、もし予測値よりも高くなった時はビットコインを売り、イーサリアムを買うと良いです。

何を使って取引すれば良い?

ぜひ利用していただきたいのが弊社の提供するレバレッジトラッカーになります。

ビットコイン、イーサリアムどちらにも、プラス型とマイナス型のレバレッジトラッカーがありますので、買いポジションを作りたい時はプラス型を、売りポジションを作りたい時はマイナス型を買うと、容易にロングショート戦略がとれますので、一度お試しください。

(カイカ証券 吉野 真太郎)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、カイカ証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。