マザーズ指数Wボトム完成!年末相場で期待出来るマザーズ銘柄はコレだ!?

 まいど、相場の福の神こと、藤本誠之(ふじもと のぶゆき)です。連載コラムでは、株式、eワラントにまつわる様々な話題をご紹介させていただきます。

 第16回は、「マザーズ指数Wボトム完成!年末相場で期待できるマザーズ銘柄はコレだ!?」です。

 東証マザーズ指数が直近急落し、8月16日安値932.07、10月11日安値940.91でテクニカル分析では綺麗な「Wボトム」をつけた形になっています。これで、再度直近安値を下回らなければ、急速なリバウンド相場を期待することが可能です。

図1:東証マザーズ指数 日足 6ヵ月
株価指数ヒストリカルグラフ -東証マザーズ株価指数- 日足チャート(東京証券取引所のサイト)

 個別銘柄では、中期の上昇トレンドが崩れておらず、増収率が高い高成長マザーズ銘柄に注目したいと思います。

銘柄選定条件

  1. 東証マザーズ上場銘柄
  2. 25日移動平均線乖離率がプラス
  3. 予想PERが100倍以上
  4. 前期・今期の売上高増収率が20%以上

 上記の選定条件で、銘柄を抽出したところ、2018年10月12日現在で、14社が該当しています。藤本は年間300社以上の上場企業経営者とのワンオンワンミーティングを行っており、今年も既に累計で226社とのワンオンワンミーティングを行っています。今回の14銘柄のうち、藤本が過去に経営者との「ワンオンワンミーティングを行ったのが、12銘柄あります。この12銘柄の中から、年末相場で期待できそうだと藤本が思った5銘柄をご紹介いたしましょう。

ラクスル (4384)東証マザーズ
 東京都の目黒駅近くに本社があるネットで印刷を低価格で小口から仲介する『ラクスル』を運営しています。松本 恭攝社長の明確な成長戦略が、藤本が面白いと思った最大の理由です。企業の価値を図る基準として、売上高総利益に注目しています。これを中・長期的に増大させるために、営業利益が赤字にならない範囲で積極的に広告・設備・人材に積極投資しています。印刷業は、数多くの業者が、原価償却の終わった古くて生産性の低い印刷機械で、激しいコスト競争を行っています。この業界を大きく変えるプラットフォームを作り上げています。この成長戦略を、外国人投資家・機関投資家にキチンとプレゼンすることにより、特定株比率が極端に高い状態となっています。しばらく25日移動平均線に支えられた上昇相場が続きそうです。
エクスモーション(4394)東証マザーズ
 東京都品川区大崎に本社がある組込みソフトウェアに専門特化したコンサルティングファームです。プロジェクト診断(問題発見と改善策の作成・提案)と現場支援(改善策の遂行に必要な技術支援)のワンストップ支援を行うコンサルティング事業がメインビジネスです。教育・人材育成事業や、開発ツールを提供するツール事業なども行っています。
 特に自動車業界に圧倒的な強みを持っており、トヨタ、ホンダ、日産、スバルなどの大手自動車会社が主要顧客です。
 IoT、自動運転など、第4次産業革命では、組込み機器の概念が大きく変わり、機器に組込まれているプログラムである「組込みソフトウェア」はどんどん大規模化し複雑になってきています。これをワンストップで支援できるエクスモーションは、オンリーワンの上場企業で、今後着実で安定的な高成長が期待出来る企業です。
みらいワークス(6563)東証マザーズ
 みらいワークスは、東京都港区東新橋に本社があるコンサルタントに特化したビジネスマッチングサービス提供している人材関連企業です。
 6,500名以上の登録コンサルタントを保有しています。その登録コンサルタントに
「フリーランスのコンサルタント向け案件紹介ポータルサイト」
「フィンテックコンサルタント向けプラットフォーム」
「転職希望のコンサルタント向けキャリアプランニングサポートサイト」
の3つのサービスを提供しています。
 外資系コンサルティング会社や大手SI会社など約300社から、月に100案件以上の依頼を受け、登録コンサルタントに紹介しています。
 登録コンサルタントをバックアップするためのサービスとして、「クライアント交歓会」「交流会の開催」「英会話無料体験レッスン」「経理事務代行」「税理士紹介」「法人設立アドバイス」「メールマガジンの発行」などを定期的に開催しています。働き方改革で、企業が人手不足の中、本当のプロフェッショナルを紹介できるみらいワークスは大きな成長が期待出来そうです。
ログリー(6579)東証マザーズ
 東京都渋谷区道玄坂に本社があるネット広告のネイティブ広告のプラットフォーム「LOGLY lift」を運営する企業です。ネイティブ広告とは、掲載するWEBのテイストに合わせたテキスト広告から、記事のような広告ページにリンクします。このネイティブ広告の広告主とメディアをつなぐマッチングプラットフォームを運営しています。
 ネット広告全体も年率2ケタの高成長ですが、ネイティブ広告はそれ以上の高成長となっています。今後も大きな成長が期待出来、その中でオンリーワンのプラットフォームを提供しているログリーは大きな成長が期待できる企業です。
ファイバーゲート(9450)東証マザーズ
 札幌市中央区に本社があるマンション・アパート等の賃貸物件オーナー向けに全戸一括で入居者が「インターネット無料使い放題」となるインターネット接続サービスであるレジデンスWi-Fi事業と、観光地、アミューズメントパーク、商業施設向けフリーWi-Fiサービスを提供するフリーWi-Fi事業が2本柱の企業です。機器製造から電気通信サービスまで、 一貫して手がける(通信系キャリア以外の)独立系 Wi-Fiソリューション企業です。
*株式データは、2018年10月12日終値基準。
*本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する会社や会社のアナリストとしての意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。
*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。

(財産ネット株式会社 企業調査部長 藤本誠之(ふじもと のぶゆき))

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。