リスクヘッジの方法、本当にそれで良いですか!?こんな方法もありますよ!

「相場は今から上がると予想してるから、日経先物をロングしているんだけど、大きなイベント前には、何が起こるか分からないから、いつもイベント前にはポジションを一旦クローズしています」

このように、予測不可能な重大イベント前に一旦ポジションをクローズしたり、保有ポジションの半分だけクローズしたりして、普段からリスクヘッジを行っている投資家の方々も多いことでしょう。

もちろん、間違いではありません。
多少の手間や取引コストがかかるとはいえ、リスクヘッジを一切しないよりは、良いでしょう。

しかし、イベント後に大きく上昇してしまった場合には、どうでしょうか?
本来、一旦手仕舞う必要のなかったロングポジションを、イベント前に売ってしまったがために、イベント通過後に、売った値段よりも高い値段で買い直すことになってしまったという経験をされた方もいるのではないでしょうか?
更に言えば、高い値段でも買い直すことができたならば、自分の相場観に従って、しっかり運用されているので、まだ良いです。中には、売った値段よりも高くなったために、更に上がると思っていても、中々買い直すことができずに、その後上昇し続けるのをただ傍観するだけになってしまっている方もいるのではないでしょうか?

そのような方々にぜひ知って頂きたい戦略があります。
その名も「プロテクティブ・プット戦略」です。

どういう仕組みなのでしょうか?


プロテクティブ・プット戦略とは?

何やら難しい名前になっていますが、単にプットオプションを買うだけです。
下図をご覧ください。

この例では、現在値を権利行使価格とするプットオプションを購入しています。
保険料の分だけ、損益分岐点が少し右側に移動してしまいましたが、現在値よりも下落した場合の損失は見事に保険料の分だけに限定されていますし、現物・先物のロングポジションを保有し続けたままなので、上昇した場合にもしっかり利益を確保できています。

それにしても、このプロテクティブ・プットの損益線は何かに似ていませんか・・・?

そう、コールオプションの損益線とそっくりですよね?
つまり、プロテクティブ・プット戦略は、現物・先物のロングポジションを一時的にコールオプションに変換する技だと言い換えることができます。

だったら最初からコールオプションをロングしていればいいじゃないか?

もちろんそれでも構いませんが、長期目線のロングポジションを前提としている投資家にとって、毎日保険料分が目減りしていくオプションは不向きですよね?
従って、基本は現物・先物でロングポジションを作り、イベント前だけプットを買うことによって、一時的にコールロングの状態にする、これが有効な戦略と言えるでしょう。

それでもやはり保険料が高いな・・・と思われるようでしたら、現在値付近の権利行使価格を選ぶのではなく、現在値よりも少し下の権利行使価格のプットを選ぶと良いでしょう。

下図をご覧ください。

現在値よりも下の権利行使価格のプットを利用したため、掛け捨てとなる額は小さくなっています。注意点としては、現在値から権利行使価格までの範囲ではヘッジが出来ておりません。
従って、最大損失額と保険料の額を見比べながら、利用するプットオプションを選ぶのが良いでしょう。

参考までに、満期:1カ月、ボラティリティ:30%、を前提に幾つかの権利行使価格(100%はATM、95%は現在値よりも5%下、90%は現在値よりも10%下の権利行使価格のプットオプションを指します)で試算した保険料率の結果を表にまとめましたので、ご覧ください。

是非、一度お試しください。


(eワラント証券 マーケティング部ヴァイスプレジデント 吉野 真太郎)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。