今の株式市場はバブルか否か!?他市場との相関性を使った分析を紹介!

日経平均株価が3万円の大台を越え、絶好調ともいえる株式市場ですが、少しバブル相場の危険な匂いも感じざるを得ません。
相場が急ピッチで上昇をし始めると、市場ではいつも「バブルだ!いつかはじける!」と騒がれ始めます。その後、予想通りにはじければ良いのですが、中々強い相場が終わらずに、波に乗れないまま指をくわえて、ただ傍観するのみになってしまったり、逆張りポジションにより大きな痛手を被ってしまったりすることもあるでしょう。

何故、そのような失敗を犯してしまうのか?

それは水準・スピードだけで、バブル判定を行っているからです。

そもそも現在の世界的株高の背景は、何でしょうか?
それは、日米欧の中央銀行が行っている量的金融緩和に他なりません。
大量のマネーが行き場を失ってしまい、従来の株価分析では割高だと分かっていても、「成長性がある。将来性がある。」などと後付けの講釈をつけて、投資家が買っているのです。
確かに、そう考えれば現在の株式市場はバブルかもしれません。

では、“大量のマネーが行き場を失っている“という事実を、数字を使って何か合理的な裏付けが出来ないでしょうか?
マネーが溢れている=株式市場以外にもマネーは流れている、という前提に立って、株式市場と他市場との相関係数を使って分析してみてはどうでしょうか?
そして普段であれば相関性が低い商品までもが投資先となり、結果足元の相関係数が上昇しているようであれば、「世界の市場はバブル状態だ。」と判定しても良いのではないでしょうか?
そこで、実際に検証してみました。


検証方法

株式市場の代表として、米国のS&P 500を取り上げて、他市場(他商品)との相関関係の推移を分析する。

【検証対象】

  • ビットコイン:暗号資産(仮想通貨)の代表格
  • WTI原油:商品市場の代表格
  • トウモロコシ:普段であれば株式市場とは相関が低く、オルタナティブ投資に使われるケースも多い。
  • TOPIX:株式市場同士なので元々相関は高いが、その推移がどうなっているのかに注目。

【相関関係の推移について】
2018年1月から2021年1月までのデータを50営業日ごとに時系列的に区分けし、相関係数を計算する。


検証結果

如何でしょうか?
トウモロコシ市場のオルタナティブ性の高さや、意外にもTOPIXとの相関が低い時もあるなど、面白い事実も分かるかと思います。

しかし、今回の本題はそのようなことではなく、バブルかどうかの検証でした。
そこで、今ご紹介した各グラフを同一のグラフ上にプロットしてみましょう。

如何でしょうか?
赤線で囲った部分をご覧ください。
今回取り上げた4種類の商品すべてにおいて、昨年の秋頃からS&P 500との相関が高くなり、足元では全て強い正の相関がある、といっても過言ではない状況になっています。
逆相関性の強かったトウモロコシですら、正の相関になっていますから、溢れたマネーの投資先になっていることが伺えます。
つまり以上のことから、「足元の相場はバブル性が強い」と言っても良いかもしれません。


今後注目すべきポイントは?

下図をご覧ください。これは分析対象として、「米ドル円」、「金」を追加して、同じくS&P 500との相関係数の推移をプロットしたものです。


こちらを見る限り、この2商品には未だマネーが流入していないように感じます。
もし今後、株高につられる形で、為替市場、金市場にもマネーの行き先が向かうようであれば、更にバブル崩壊への注意度が上がるでしょう。


(eワラント証券 吉野 真太郎)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。