外需株なのか?内需株なのか?それが問題だ(一貫上昇銘柄)

一貫上昇銘柄にはFA関連株が多い

 今年ほとんどの時期、年初来高値を更新し続ける銘柄がある。「安川電機(6506)」はその典型だ。サーボモーターとインバーターに加え、産業用ロボットでも世界首位級の同社は、この春以降、四半期決算発表のたびに通期業績予想を上方修正しており、好業績は折り紙つきだ。同社株は本年1月4日に1,843円で始まり、その後ほぼ一貫した上昇を継続し、11月21日のザラ場でついに5,000円台をつけ、年初から2.7倍となった。同社株は日経平均採用の中型株で、現在は1兆円超の時価総額を誇る。これだけの規模の銘柄が3倍近くになるのだから、多くの投資家から評価を受けていることが認識される。筆者も早い段階からこの銘柄には注目しており、この時点でも“忘れられない銘柄”のひとつになっている。

 実はこのような“一貫上昇銘柄”は他にもある。「キーエンス(6861)」、「SMC(6273)」も安川電機株と同じような動きをたどってきた。興味深いのはこれらがすべて「FA関連株(ファクトリーオートメーション/生産現場で工程の自動化を図るシステム」ということだ。GW以降に急動意となった「ダイフク(6383)」も同様だろう。その後、9-10月にかけて「ファナック(6954)」、「ソニー(6758)」といった超大型外需株も追随してきた。ここから先「一貫上昇銘柄」になる期待も出てきているものと考える。おしなべて外需株の動きが目立っている。

建設、消費など内需セクターも負けていない

 もちろん内需株にも一貫上昇銘柄がある。(FA関連株ほどではないにせよ)大手ゼネコンの「大成建設(1801)」、「鹿島(1812)」、9月以降は電気通信工事大手の「コムシスホールディングス(1721)」、「協和エクシオ(1951)」も追いかけてきた。

 値動きに荒さはあるものの、消費関連株の「ラウンドワン(4680)」、「ペッパーフードサービス(3053)」も高値をキープしている。これらの銘柄は高値を更新し続けた結果、もう「ヤレヤレ売り」のような売り圧力が小さいとも考えられる。需給関係が(高値を更新していない銘柄に比べ)スッキリしている側面がある。


 ここではもうひとつ「内需と外需」の両方に係る銘柄にも注目しておきたい。これも一貫上昇銘柄だ。

・良品計画(7453) 
『無印良品』ブランドの衣料、雑貨で知られる。海外売上比率約35%。

・アサヒグループホールディングス(2502) 
総合酒類・飲料メーカー。海外売上比率約16%。


 全体相場の基調にそれほど関係なく上昇しているのがここまでの動きだ。それはつまり、いつ手掛けてもよかったことを意味し、短期的な押し目を拾うには最高の銘柄だったことになる。

(株式ジャーナリスト 天海 源一郎)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。リンク先はeワラント証券が管理・運営しているページではありません。