急騰中の銅に注目!銅相場の基礎知識

10月後半から銅価格が急騰を見せています。その背景には中国の製造業指数が予想外の好調を示していることがあげられます。このまま上昇を続けるのか、はたまた反転急落をみせるのかには大きな注目が集まりそうです。

そもそも銅は現代社会で生産されている多くの製品に使用されています。そのため、銅は世界経済の動向とも密接にかかわっており、原油や金などと合わせてその値動きの要因を把握しておくことは有意といえるでしょう。

そこで本コラムでは、銅相場への投資に必要な基礎情報を簡単に整理するとともに、今後の銅相場に影響を与えると考えられる要因をご紹介いたします。なお、eワラントでは銅相場を対象としたレバレッジトラッカーをご用意しております。レバレッジトラッカーは時間的価値の減少も無く、初心者の方でも扱いやすい銘柄です。この機会にぜひeワラントのご活用をご検討ください。

銅価格はどうやって決まる?

銅の取引はロンドン金属取引所(LME)、ニューヨーク・マーカンタイル取引所、上海金属取引所の3つの主要な市場で取引されており、これらの市場で日々銅相場や銅先物価格が決定されていますが、一般的にはLMEの現物価格が価格の指標となっています。LMEの銅価格推移を表したものが下表となります。
20161111-1

銅は発電、建築、通信、基盤などにかかわる様々な製品に利用されているため、銅価格は景気動向に敏感に反応する傾向があります。特に世界の銅需要の4割を占める中国製造業の動向に連動する傾向があり、これまでの銅価格の下落の要因は中国経済の減速懸念によるものと思われます。

今後の銅価格はどうなる?

11月1日に発表された中国PMI(製造業購買担当者景気指数)は51.2と予想を上回る改善を見せました。それに伴い、銅価格は急騰し約7ヶ月ぶりに5000ドル/トンを突破しました。中国政府が大規模なインフラ投資を行ったことで、中国内の景況感が回復したことが要因と見られています。今後も景気刺激策の効果が徐々に現れれば、銅の需要が高まり、銅価格の回復に繋がるかもしれません。

さらにアメリカ国内の老朽化した空港や学校、橋などのインフラ整備を主張していたトランプ氏が大統領選に勝利したことによる需要拡大の期待を受けてか、銅価格は更なる上昇を見せています。来年1月の大統領就任後に、インフラ整備に向けた大掛かりな財政出動が決定されることがあれば、銅相場にとって好材料となるかもしれません。

しかし、既に中国では不動産バブルが生じているといわれています。不動産から流れた投機的なマネーが銅相場に流れていると考えると、このバブルが崩壊した際には銅価格は反転急落する可能性があることには注意が必要です。

また、大統領就任後のトランプ氏が実際にどのような財政政策をとるかがいまだ不透明な部分にも注意が必要です。 選挙期間中は積極的な財政出動を主張して支持を獲得していましたが、今後仮に財政健全化へ方針を転換するようなことがあれば、失望売りから銅価格は下落に転じる可能性があります。

eワラントにはLME銅を対象としたプラス5倍、マイナス3倍のレバレッジトラッカーをご用意しています。レバレッジトラッカーは時間的価値の減価がなく、初めてeワラントの取引を行う方でも比較的扱いやすい商品になっています。

銅相場を対象とするeワラント一覧

銅相場が大きく動いているこの機会に、eワラントでのお取引をぜひご検討ください。

(eワラント証券 投資情報室次長 多田 幸大)
※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう