新型コロナウイルスで、社会が大きく変貌するのに関連する銘柄はコレだ!

まいど、相場の福の神こと、藤本誠之(ふじもと のぶゆき)です。連載コラムでは、株式、eワラントにまつわる様々な話題をご紹介させていただきます。

第32回は、『新型コロナウイルスで、社会が大きく変貌するのに関連する銘柄はコレだ!』です。

1月の下旬から、世界中の話題となり、日本でもテレビなどで連日報道がされている、中国の武漢から始まった新型コロナウイルス。株式市場にも大きな影響を与えています。日本は、昨年10月からの消費税増税によって、10~12月期の国内GDPが-6.3%( 年率 )と落ち込んだことに加えて、新型コロナウイルスの流行に伴う中国からのインバウンド需要減少、様々な自粛によって内需の落ち込みが懸念され、ダブルパンチとなっています。日経平均株価も上値が重い展開が続いています。特に東証マザーズ銘柄などの新興市場は、非常に軟調でした。

その一方で、マスクなどの関連銘柄は急騰しており、ガーゼなど医療用衛生材料最大手の川本産業(3604)などは10連続ストップ高となるなど、非常に値動きの荒い展開となっています。

しかし、このような反応は短期的なもので、しばらくすると落ち着いてくると思われます。今回の騒動で、企業が思い知ったことは、このような事態に対応するBCP(事業継続計画)を早急に立案し、実行に移す必要が有るという事です。

その対応策の一つは、大規模施設全体の殺菌です。今回、武漢からのチャーター機の乗客が宿泊した、勝浦のホテル三日月でも、宿泊後に大規模な殺菌・消毒作業を行っていました。また、社員が会社に出社できない状況を想定したテレワークの重要性です。今回、いくつかの企業が、いち早くテレワークの実施を宣言していましたが、そのほとんどが新興のIT企業でした。それ以外の会社は、準備が出来ていないため、テレワークに移行することが出来なかったのです。

今回はこの2つの観点から、殺菌関連とテレワーク関連の銘柄を、『新型コロナウイルスで、社会が大きく変貌するのに関連する銘柄』として、ご紹介しましょう。


ポエック (9264)東証ジャスダック
株価 3,115円 時価総額63億円

広島県福山市に本社があるポンプ関連のエキスパート会社で、革新的な環境・防災機器の開発を行っています。ポンプ関連ビジネスは、修理・メンテナンスに強みを持っており、安定的な収益源となっています。これを、積極的なM&Aや、革新的な環境・防災機器の開発に投入、一気に売上高が急拡大している成長企業です。

★福の神ポイント
今回注目されるのは、オゾン脱臭・洗浄・殺菌システム「ヴォルガ」です。酸化作用が強力で、通常では酸化しにくい細菌やウイルスにも容易に反応し、除菌・脱臭を行ないます。オゾンガスを天井付近から散布し、全体の除菌効果が得られます。オゾンは浄水施設やプールの浄化施設、あるいは最近エアコンや家電にも利用されている安全で信頼性の高い脱臭・除菌方法です。オゾンは作用後の残留性が無く、反応後も人体に悪影響を及ぼしません。


パシフィックネット(3021)東証2部
株価 1,362円 時価総額70億円

パシフィックネットは、東京都港区のJR田町駅の近くに本社があります。法人のパソコンやタブレット等IT機器の調達、通信、運用保守セキュリティ、から使用済み機器のデータ消去、リユースまでをまるっとワンストップで提供する、いわゆるIT機器のライフサイクルマネジメントサービスを全国7拠点で展開している企業です。

★福の神ポイント
テレワークに必要なノートPCを、通信SIM込み月額課金(サブスクリプションモデル)で提供可能です。今後、テレワーク用のノートPC、タブレットの需要が急増しそうです。


アセンテック (3565)東証1部
株価 2,944円 時価総額199億円

東京・秋葉原に本社がある仮想デスクトップに関連する製品開発、販売、コンサルティングサービスがメインビジネスの企業です。仮想デスクトップとは、「PC内に内蔵されているOSやその他アプリケーションをサーバーに集約し利用する」というものです。
PCモニターとキーボードだけで、ネットにサーバー接続すれば、パソコンを使うのと同様に使えるのです。

★福の神ポイント
仮想デスクトップは、「情報セキュリティ問題」、「事業継続問題」「働き方改革」の3つの問題の解決に貢献できるでしょう。まさに、テレワーク向けのサービスとなっています。


株価データは2020年2月20日終値ベース

*本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する会社や会社のアナリストとしての意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。


(財産ネット株式会社 企業調査部長 藤本誠之(ふじもと のぶゆき))

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。