相場の福の神特選 東証1部昇格期待銘柄はコレだ!

まいど、相場の福の神こと、藤本誠之(ふじもと のぶゆき)です。連載コラムでは、株式、eワラントにまつわる様々な話題をご紹介させていただきます。

第21回は、『相場の福の神特選 東証1部昇格期待銘柄はコレだ!』です。

現在、株式市場の再編問題が話題となっており、東証1部昇格を目指す企業では、動揺が広がっているようです。

どのような再編になるか、現時点では全く予断を許さない状況ですが、昇格基準の時価総額基準が厳しくなるとの見方も多いことから、現在の基準のうちに駆け込み昇格を狙う企業も出て来そうな状況となっています。

現時点では、東証1部に昇格すると、昇格の翌月末の東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄になることから、インデックス買いが期待出来ます。今回は相場の福の神が特選した東証1部への昇格が期待できそうな銘柄を、5銘柄紹介しましょう。

フェイスネットワーク(3489)東証マザーズ

フェイスネットワークは、東京都渋谷区千駄ヶ谷に本社がある新築一棟マンションを販売する不動産会社です。

「城南3区」と呼ばれる世田谷区・目黒区・渋谷区を中心にマンション用地を取得し、そこに投資用マンションを建設、投資家に一棟売りするのがメインビジネスです。土地の仕入れ、ファイナンス(資金調達)、設計、建設、物件管理、物件売却さらには税金対策までワンストップで行えるのが大きな強みです。

メインブランドは、RC(鉄筋コンクリート)造をメインとし、無機質でスタイリッシュなデザインと優れた耐震性、セキュリティを実現し、今の時代に求められる品質を追究した投資型一棟マンションの「グランデュオ」です。今後、大きな成長が期待出来そうな企業です。

ファイバーゲート(9450)東証マザーズ

ファイバーゲートは、札幌市中央区に本社があるマンション・アパート等の賃貸物件オーナー向けに全戸一括で入居者が「インターネット無料使い放題」となるインターネット接続サービスであるレジデンスWi-Fi事業と、観光地、アミューズメントパーク、商業施設向けフリーWi-Fiサービスを提供するフリーWi-Fi事業が2本柱の企業です。

機器製造から電気通信サービスまで、一貫して手がける(通信系キャリア以外の)独立系Wi-Fiソリューション企業です。

ネットマーケティング(6175)東証2部

ネットマーケティングは、東京都港区南青山に本社があるアフィリエイト広告の事業代理店の広告事業と、Facebookを活用した日本最大級の恋愛マッチングアプリ「Omiai」を運営するメディア事業が2本柱の企業です。

広告事業で安定的で着実な収益を稼ぎ、自社運営で高い利益率が望めるメディア事業で、高成長を目指している企業です。

串カツ田中ホールディングス(3547)東証マザーズ

串カツ田中ホールディングスは、東京都品川区東五反田に本社がある「串カツ田中」の単一ブランドを運営する外食企業です。

繁華街から住宅地、ロードサイドまで、様々な立地で直営とFCを展開しています。

大手居酒屋チェーンとしてはじめて全店禁煙を打ち出しており、主婦・子供などの新たな顧客層を取り込んでいます。

ソーシャルワイヤー(3929)東証マザーズ

ソーシャルワイヤーは、東京都新宿区新宿に本社があるプレスリリースの配信代行とレンタルオフィスが2本柱の企業です。

プレスリリースの配信代行は導入企業数が安定的に増加しており、一種のスタンダートとして安定的な成長が期待出来そうです。

レンタルオフィスは、最近では海外にも注力しており、今後も成長の余地がありそうです。

*本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する会社や会社のアナリストとしての意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。


(財産ネット株式会社 企業調査部長 藤本誠之(ふじもと のぶゆき))

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。