第14回マザーズ指数1,000ポイント割れ ココから狙える増収・増益上昇トレンドマザーズ銘柄はコレだ!

 まいど、相場の福の神こと、藤本誠之(ふじもと のぶゆき)です。連載コラムでは、株式、eワラントにまつわる様々な話題をご紹介させていただきます。

 第14回は、「マザーズ指数1,000ポイント割れ ココから狙える増収・増益上昇トレンドマザーズ銘柄はコレだ!」です。

 東証マザーズ指数が、記録的な下落相場となっています。今年の年初の高値1,367.86から、1,000ポイント割れと大きく下げています。2月から7月まで6ヵ月連続で月足が陰線となっており、8月16日現在で8月も陰線。ここ10年間で一度もなかった7ヵ月連続の陰線となりそうです。

 さすがに、そろそろ反発局面を迎えそうですが、やはり中・長期の上昇トレンドが崩れた銘柄は、戻り待ちの売りも多く上値が重そうです。今回は原点に戻って、中長期的な上昇トレンドが崩れておらず、今期の増収増益が見込める企業を抽出してみましょう。

 <銘柄選定条件>
東証マザーズ上場銘柄
25日移動平均乖離率は0~20%
75日移動平均乖離率0~20%
今期売上高増減率 0%以上
今期経常益増減率 0%以上
今期営業益増減率 0%以上

 以上の検索条件により、8月15日終値基準で検索したところ、表1の18銘柄が該当しています。

表1:東証マザーズ 増収増益上昇トレンド銘柄(25日移動平均乖離率降順)

 藤本は年間300社以上の上場企業経営者とのワンオンワンミーティングを行っており、今年も既に累計で185社とのワンオンワンミーティングを行っています。
 今回の18銘柄のうち、藤本が過去に経営者との「ワンオンワンミーティングを行ったのが、15銘柄ございます。この15銘柄の中から、特に今後期待できそうだと藤本が思った5銘柄をご紹介いたしましょう。

チェンジ(3962)東証マザーズ
 東京都港区虎ノ門に本社があるITとモバイル機器によって省力化する仕組みを開発・提供している会社です。業界トップ企業から、省力化に関して、現場を調査して、ITとモバイル機器によって省力化できる仕組みができないかを考え、提案して受注します。最初に一緒に開発した企業からは、大きな収益を得ない代わりに、同じ仕組みを同業他社に横展開して、販売するのが大きな特徴です。開発費は当初の企業からで賄っているので、同業他社に販売するのは、利益率が高いサービスとなり、これを積み上げて、ストック型収益としています。今後、企業の人手不足はますます深刻化しているため、チェンジの重要性はさらに増すことなり、今後大きな成長が期待できそうです。

■株式データ
株価3,810円
売買単位 100株
予想PER(連)88.19倍
PBR(連) 22.75倍
予想配当利回り 無配
時価総額256億円

ロードスターキャピタル(3482)東証マザーズ
 東京都中央区銀座に本社がある不動産×ITの不動産テック企業です。現在の収益源は、自己資金を用いて、不動産物件への投資を行うコーポレートファンディング事業です。東京都市圏のオフィスビルや複合ビル、マンションなどを購入し、管理運営を行うとともに、一部の案件については最適なタイミングで物件を売却することによって売却益・譲渡益を確保しています。
 また、不動産とテクノロジーの融合で不動産投資をもっと身近にするため、日本で初めて不動産投資に特化したクラウドファンディング、「OwnersBook」を展開しています。「OwnersBook」は、インターネット経由で不特定多数の投資家の皆様に投資いただいた資金を、不動産担保付のローン型案件に投資し、そのリターンを還元するビジネスモデルを展開しています。不動産投資でありながら個人投資家も1万円という少額から参加することができるのが特徴で、これまで全案件について満額で募集を完了し、累計の投資額は18億円を超える規模に達しています。エクイティ投資型クラウドファンディング事業も開始しており、不動産テック企業として、今後大きな成長が期待できそうです。

■株式データ
株価2,693円
売買単位 100株
予想PER(連)22.39倍
PBR(連) 6.17倍
予想配当利回り 0.65%
時価総額282億円

SOU(9270)東証マザーズ
 東京都港区港南に本社があるブランド品を店舗で買い取り、自社オークションで販売している企業です。買い取り専門店舗『なんぼや』を、東京・大阪などの繁華街に出店して、時計・バッグなどのブランド品を買い取っています。販売は、3割強は、金などを地金として処理業者に販売、残りは、毎月自社で開催するオークションで販売しています。嵜本社長は、Jリーグ『ガンバ大阪』に所属していた元Jリーガーです。
今後、大きく成長が期待できそうな企業です。

■株式データ
株価6,070円
売買単位 100株
予想PER(連)32.03倍
PBR(連) –倍
予想配当利回り 0.3%
時価総額368億円

串カツ田中ホールディングス(3547)東証マザーズ
 東京都品川区東五反田に本社がある「串カツ田中」を直営店とFC展開で運営する外食企業です。大手居酒屋チェーンでは初めて禁煙に注力しており、95%以上の店舗が6月から全面禁煙になっています。家族連れの顧客が増加しており、今後大きな成長が期待できそうです。

■株式データ
株価3,075円
売買単位 100株
予想PER(連)72.01倍
PBR(連) 13.41倍
予想配当利回り 0.39%
時価総額281億円

ベストワンドットコム(6577)東証マザーズ
 東京都新宿区富久町に本社があるクルーズ予約サイト『ベストワンクルーズ』を運営する旅行代理店です。クルーズというニッチな業界ですが、圧倒的なトップシェアを誇るニッチトップ企業です。日本のクルーズ人口は約25万人。人口のたったの0.2%です。シニア層、富裕層に向けたビジネスとしてではなく、 世代を問わず、だれもが体験できるスタイルとして、 クルーズ旅行を日本中に広めている会社です。今後、日本のクルーズ市場は、大きな成長が期待できそうなため、ベストワンドットコムも、クルーズ予約のニッチトップ企業として、大きな成長は期待できそうです。

■株式データ
株価11,930円
売買単位 100株
予想PER(連)80.72倍
PBR(連) - -倍
予想配当利回り 無配
時価総額73億円

株価は2018年8月16日終値。

*本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する会社や会社のアナリストとしての意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。
*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。

(財産ネット株式会社 企業調査部長 藤本誠之(ふじもと のぶゆき))

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。