選び方が分からな~い!そんなあなたにオプションの選び方を解説します【中編】

前編に続き、中編も読んでいただき有難うございます。

前編では権利行使価格を変化させた場合に、オプション価格や各種パラメーターの値がどのように変化するのかを視覚的にご覧いただきました。
レバレッジを高めるには、現在値に比べてどの位置にある権利行使価格を選べばよいか?など、ご理解いただけたかと思います。

今回は、権利行使価格は一旦固定して、満期日を変化させることによって、同じようにオプション価格や各種パラメーターの値がどのように変化していくのかを解説したいと思います。


満期日(残存日数)が違えば、それぞれの変数はどう変化するか?

前提としては、日経平均を原資産とするオプションを想定したいと思います。
そして、以下の条件下で、それぞれの残存日数での、それぞれのパラメーターの値を表にしたものが次の表になります。

  • ボラティリティ:30%で一定
  • 権利行使価格:20,000円 1
  • 日経平均の現在値:20,000円
  • タイプ:コールオプション


視覚的に分かり易くするために、グラフにしてみました。

如何でしょうか?

  1. レバレッジは残存日数が短ければ短いほど高くなる。更に、満期日まで残り数日となった時に、レバレッジの変化割合が加速していく。
  2. 残存日数が短くなるにつれて、セータ(日々の時間的価値の減少)の金額も加速度的に大きくなっていく。
  3. ボラティリティに対する感応度を表すベガは、満期日が遠ければ遠いほど、大きくなる。つまり、オプション価格がボラティリティによって大きく左右されやすくなる。
  4. 1%未満の保険料で1日~2日のオプションを購入できる。

以上の4点が言えるかと思います。

まずは1番と2番について。
レバレッジ投資が目的であるならば、満期まで残り数日といったオプションを購入すべきでしょう。
「オプションだからレバレッジは高いはずだ」と思い込んで、長めの満期のオプションを購入しても、10倍にも満たないレバレッジしか享受できないということを理解しましょう。
しかし注意点としては、短いオプションはレバレッジが高い反面、1日経過するごとに、価値が大きく減少するということです。
従って、残り数日という短いオプションを購入する際は、極力オーバーナイトせずに、その日のうちにポジションを閉じることをお勧めします。

次に3番についてです。
良くオプションを勉強されている方で、「ボラティリティが高くなれば、オプション料も高くなる」と思い込んでいる方がいらっしゃいます。
確かにその通りなのですが、ベガのグラフを見ていただければお分かりのように、残存日数が短いオプションはボラティリティが変化しても、オプション価格にはほとんど影響ありません。それよりも原資産の値動きに対する感応度の方が重要になってきます。
もし、「これからボラティリティが高まる相場展開になりそうだから、オプションを買っておこう」と考えるのであれば、長めのオプションを買うことをお勧めします。予想通り、ボラティリティが上昇すれば、原資産の値動き以上に利益を享受できる可能性もあります。

最後に4番についてです。
予め日程が分かっているようなイベント前に(決算や選挙など)、一か八か宝くじを買う感覚で投資してみるのも面白いでしょう。
残り1日というオプションであれば、レバレッジが80倍程度まで高まっている可能性があります。従って、当たれば大きく、外れても想定投資金額の0.6%程度の損失(想定投資金額を100万円とするならば、6,000円程度)で済む投資が可能となるでしょう。


(eワラント証券 営業部ヴァイスプレジデント 吉野 真太郎)

※1 アット・ザ・マネー(ATM)で比較しました。
※2 1日あたりのセータ金額で表記してあります。

*本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。