高成長が続くインドにはeワラントでレバレッジ投資

5月23日に開票されたインド総選挙では、モディ首相が率いる与党が前回2014年の総選挙を上回る議席を獲得し、圧勝しました。強力なリーダーシップを発揮してきたモディ首相の政権基盤が安定し、高成長が続くインド経済に再び脚光が集まるかもしれません。本稿ではeワラントでも投資ができる日本のインド関連銘柄を紹介しています。

経済発展が続くインド

図1はインドと中国のGDP成長率の前年同期比です。インドは直近でも6%台という極めて高い成長率を維持しています。インドでは雇用創出や輸出競争力を引き上げるために「メーク・イン・インディア」という政策を行っており、旺盛なインフラ需要を背景に経済の拡大と中産階級の増加が続いているようです。

一方の中国のGDP成長率は安定的に推移しており、インドの数値と比較して不自然です。「実体経済は悪化しているのでは?」と勘繰ってしまいます。米中が貿易問題や安全保障問題で対立するなか、米国と友好的な関係にあるインドは中国に代わる経済大国として成長していく可能性を秘めていると言えるでしょう。

インドは株式市場も堅調です。例えば図2はインド株を対象とする代表的なETF(上場投資信託)の推移です。直近1年間で見れば、インド株は10月末には底入れし、昨年8月の高値に迫っています。長期的にもインドの経済発展と共に上昇トレンドを維持しています。

インド市場に関する日本株例

インドの企業に中長期的なスタンスで直接投資するのも一手ですが、日本からの投資を考えた場合、インドの個別企業を調べて実際に投資するのは困難と言えるでしょう。そこで日本の企業でインドに進出している企業、または今後ビジネスを拡大させる可能性がある企業に投資するという手段もあります。

具体的なインド関連の日本株としては次の銘柄などが挙げられます。これらの銘柄はコール型eワラントの対象原資産にもなっているので現物株式の代わりに小額で投資ができるeワラントで投資、ということも可能です。

コード 銘柄名 概要
6367 ダイキン 2021年にインドで家庭用エアコンの新工場を稼働。インドの家庭用エアコンは世界全体の伸びを大きく上回るという指摘も。
6501 日立 電子決済サービスのほか高速鉄道などのインフラ受注。
6752 パナソニック 白物家電を販売、炊飯器がインドでヒット。
6758 ソニー インドで東京五輪の放映権獲得。
7269 スズキ インドでの2輪・4輪販売が好調。売上高の多くがインドから。
8113 ユニ・チャーム インド初のパンツ型の紙おむつ市場でシェア90%。
9432 日本電信電話 子会社を通じてインド進出日系企業のネットワークサービスを提供。
9983 ファーストリテイリング ユニクロが2019年秋、インドに初出店。
9984 ソフトバンクG 宿泊予約サイト運営のOYO(オヨ)ホテルズアンドホームズなど、複数のインドのユニコーン企業に投資。

株式の代替としてeワラントを利用する場合のポイント

現物株式の代替としてコール型eワラントを用いる場合は、なるべく満期日までの期間が長く、権利行使価格が株価よりも低い銘柄を選択すると良いでしょう。このような状態にある銘柄は時間経過による目減りの影響が比較的小さいためです。ただし、現物株式とは異なりeワラントには満期日がありますので、長期にわたって保有を考える場合は満期日の前に売却し、より満期までの期間が長い銘柄に乗り換えることを検討する必要があります。


(eワラント証券 投資情報室)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。