PSVR発売!VR/AR関連の要注目銘柄を再確認

10月13日にソニー・インタラクティブエンタテインメントよりプレイステーションVR(以下、PSVR)が発売されました。PSVRはメディアでも大きく取り上げられたことから人気が殺到し、初回の販売台数がほぼ完売となっている模様です。今後の更なる販売拡大期待から親会社SONYの株は買われ、年初来高値を更新するなど注目が集まっています。

今年2016年は「VR元年」と呼ばれ、多くの関連端末や対応したアプリケーション、コンテンツのリリースが予定されています。VRと呼ばれるこの技術はPokemon GOで話題になったAR技術とともに今後の市場拡大が期待されている分野です。

本レポートでは、VR/ARと呼ばれる技術について改めて確認しておくとともに、SONY以外のVR/AR市場の注目銘柄についてもご紹介します。少額からVR/AR関連銘柄に投資してみようとお考えなら、是非eワラントをご検討ください!

VR/ARって何? 今後の成長性は?

・VR(Virtual Reality:仮想現実)

VRを辞書的な意味で見てみると「利用者にとってさまざまな感覚を伴う仮想的な世界を提供する技術」と書かれています。ここでいう『さまざまな感覚』のうち現在のVR技術に採用されているのは視覚や聴覚に作用するもののようです。具体的には、専用のヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)という機器を装着し、コンピュータにより合成した映像・音響の効果により、あたかもその仮想世界の中に入っているかのような感覚を得られる、というものが現在の主流のようです。例えば、ゲームや映画の登場人物になったかのような気分を味わえたり、まるでスポーツの試合会場で観戦しているような気分を自宅で楽しめたりするような活用方法が想定されています。

・AR(Augmented Reality:拡張現実)

一方、ARとは「現実世界の物事に対してコンピュータによる情報を付加する技術」のことをいいます。まさしくPokemon GOがスマートフォン上に映し出された映像の中にモンスターを出現させているように、主に視覚から入手された現実世界の情報に、端末上で仮想世界のコンテンツを投影させる、というものです。

・今後の成長性

AR/VR市場は当初はゲームや動画などのエンターテイメント関連が牽引していくと予測されていますが、医療や教育などの産業分野においてもその活用範囲は広がっていく可能性があるかもしれません。

ゴールドマン・サックスの調査によると、AR/VRはPC・スマートフォンに次ぐ第3のプラットフォームとして市場を形成する可能性があるとして、AR・VRを合算した市場規模は2025年には約950億ドルにまで拡大すると予測しています。

VR/AR関連の要注目銘柄

市場の成長に伴い、ハードウェア面ではHMDを製造するメーカーや、HMDを構成する部品メーカーや半導体メーカーなどへの恩恵が期待されます。また、ソフトウェア面では、ゲーム開発会社やコンテンツ配信を手がける企業のほか、画像解析やデータ処理を手掛ける企業にも恩恵があるかもしれません。

AR/VRに関連するこれらの企業は、今後好材料を提供してくれることが想定されます。しかしながら、どの企業の、どのニュースに市場が反応するかを判断するのはかなり困難でなかなか狙って投資を行うことは難しいのではないでしょうか。とはいえ、複数の銘柄に投資するためには、数百万~数千万単位の投資元本が必要となり、なかなか手が出せないということもあるかもしれません。

eワラントなら少額かつ追証の心配なく代替的に投資をすることができますので、数千円~数万円程度でAR/VR相場に参加することができます。また、国内のみならず、海外の個別株にも代替投資が可能です。以下には、AR/VR市場の拡大によって恩恵を受けるであろう企業と、それらを対象としたeワラントの銘柄をピックアップしました。

HMDメーカー FB フェイスブック コール 46回 傘下のOculus社がOculus Riftを販売。
GOOG アルファベット コール 78回 VRプラットフォーム「Daydream」を開発中。11月には新型HMDを発売予定。
部品/半導体メーカー 6502 東芝 コール 189回 PSVRに東芝製半導体が用いられている模様。
6594 日本電産 コール 90回 HTC社のVRシステム「Vive」にモーターを供給。
6770 アルプス電気 コール 13回 「ハプティック(触覚)」技術を用いた製品を研究。VRへの活用期待。
6981 村田製作所 コール 109回 ウェアラブルセンサーを開発。
ゲーム/コンテンツ 7832 バンダイナムコホールディングス コール 8回 お台場で体験型施設「VR ZONE Project i Can」を営業。
7974 任天堂 コール 238回 Pokemon GOが一大ブームに。
9984 ソフトバンクグループ コール 387回 VR映像のライブストリーミング配信を手掛けるNextVRへ出資。
AMZN アマゾン・ドット・コム コール 59回 360度動画に対応したVRコンテンツ開発に注力しているとの噂。

(eワラント証券 投資情報室 次長 多田 幸大)
※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。