OPEC月次報告(7月分)を受けた原油市場動向

 OPEC月次報告(7月分 Monthly Oil Market Report)の発表を受け、原油価格が下落しています(図1)。足元に対しては直近のOPEC総会(6月22・23日)での増産合意に先立って増産が進んでいたこと、リビアの操業開始などが影響しています。また、2019年度の需給見通しが産出国による原油増産継続を見込む一方で、世界経済の減速傾向を指摘しており、近い将来の需給軟化期待につながりました。

WYI原油先物の期間構造はフラット化へ WTI原油先物の期間構造はフラット化が進んでいます(図2)。実線①(青色)が昨日の引け値ベースですが、期近の限月間の差が縮小しています。期先の限月間格差はわずかながら更に縮小しており、全体で見るとWTI原油先物の期間構造のフラット化していることがわかります(図3)。 現在、WTI原油先物リンク債eワラントとして、満期日が2018年8月8日(9月限)と2018年11月14日(12月限)の2種類があります。そのうち、満期日2018年11月14日(12月限)のコール型(WTIの上昇を予想する場合に選択)は5種類の権利行使価格があります。

WTI原油先物リンク債 2018年12月限 コール型 1回 満期日2018年11月14日 権利行使価格 60米ドル
https://www.ewarrant.co.jp/search/?id=K180484G
WTI原油先物リンク債 2018年12月限 コール型 2回 満期日2018年11月14日 権利行使価格 65米ドル
https://www.ewarrant.co.jp/search/?id=K180485H
WTI原油先物リンク債 2018年12月限 コール型 3回 満期日2018年11月14日 権利行使価格 70米ドル
https://www.ewarrant.co.jp/search/?id=K180486J
WTI原油先物リンク債 2018年12月限 コール型 4回 満期日2018年11月14日 権利行使価格 75米ドル
https://www.ewarrant.co.jp/search/?id=K180487K
WTI原油先物リンク債 2018年12月限 コール型 5回 満期日2018年11月14日 権利行使価格 80米ドル
https://www.ewarrant.co.jp/search/?id=K180488M

 上記の銘柄以外にも、WTI原油先物を対象としたコール型eワラントがあります。

 また、WTI原油先物の下落を予想する場合はプット型を選択します。WTI原油先物のeワラント一覧は下記のリンクからご確認いただけます。

WTI原油先物リンク債 2018年12月限
https://www.ewarrant.co.jp/search/?prdPricingModel=OPT&prdUnderlyingTypeReference=CMD&undQuickCode=WTZ18
WTI原油先物リンク債 2018年9月限
https://www.ewarrant.co.jp/search/?prdPricingModel=OPT&prdUnderlyingTypeReference=CMD&undQuickCode=WTU18

(eワラント証券 投資情報室 チーフ・ストラテジスト 塚本 誠)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう