今週のeワラント特選銘柄

DZHフィナンシャルリサーチ社提供の今週のeワラント特選銘柄です。
提供:DZHフィナンシャルリサーチ

<今週の東京株式市場見通し>

今週(5/25~5/29)の日経平均株価の予想レンジは20,000円-20,800円。東京株式市場は経済活動再開による景気回復期待と、米中関係悪化を伝える報道などが綱引きする展開が予想される。国内企業の決算発表は残っているものの反応はより目先的な動きにとどまり、先物主導で指数の動きがクローズアップされそうだ。

5/21に安倍首相は新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を大阪、京都、兵庫の近畿3府県で解除すると表明した。週末・土日の人出の結果次第では、小売や外食ほか、関西地盤の銘柄に物色が向かう可能性がある。残る北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉の5都道県については5/25をめどに解除の可否を判断する見込みとなっており、経済活動再開への期待が週前半は相場を支える公算が多い。

一方、5/14の39県の解除で全面解除は織り込んでいることや、米中関係悪化も再び台頭しており、これ以上上値を買えない雰囲気が強まっていることも確かだ。バイオ株に対する材料への反応が相対的によいのも、株買いが期待感にとどまっている証左である。海外投資家の日本株売りも続いている。

実際の経済データが出てくるまでは回復への期待感が相場を支えるだろうが、想定以上の数値を示せない場合は株価の売り要因となる。トランプ米大統領の発言にも要注意だ。通商問題や次世代ハイテク分野への覇権争いに加え、新型コロナウイルスの感染拡大の追及・賠償などに焦点が移ってくる可能性が高い。
そういった意味でも、東京株式市場は小型株、強いてはマザーズ市場の強さにベットする動きが断続的に続くだろう。

主要な国内経済指標の発表では、4月失業率、4月有効求人倍率、4月鉱工業生産(5/29)などに注目。海外の経済指標は、独5月Ifo景況感指数(5/25)、米5月消費者信頼感指数(5/26)、ベージュブック(5/27)、米1-3月期GDP改定値、米4月耐久財受注(5/28)などが注目となる。

(提供:DZHフィナンシャルリサーチ 日本株情報部 東野幸利)

<今週の注目銘柄>

パナソニック(6752) プット 189回
権利行使価格800円(原資産:879.1円) デルタ:-0.3

同社の2020年3月期通期の営業利益は2,938億円(前期比28.6%減)と大きく減少した。アプライアンスが減販損や構造改革費用の計上などによって減益。インダストリアルソリューションズも、半導体事業の減損損失などが響き、大幅な減益となった。株価はリリース後、悪材料の出尽くし感から大きく上昇している。

しかし、今後は売りが出ると考える。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界景気の急速な落ち込みなどで厳しい事業環境は継続しており、業績の先行き不安は依然として強い。おまけにハイレバレッジ経営なので業績縮小局面での悪化度合いは大きく、その懸念も大きく高まりそう。こういった状況を踏まえ、今後は軟調な展開になると考える。

そーせいグループ(4565) コール 96回
権利行使価格1,750円(原資産:1,794円) デルタ:0.6

新型コロナウイルスに関連して世界各地でロックダウン(都市封鎖)措置が解除されつつあるものの、依然として海外情勢におけるリスク要素は大きい。そうした中、海外リスクの影響を受けづらいマザーズ銘柄には個人投資家の資金を中心に投資マネーが向かいやすくなっており、同社の株価も3月下旬以降堅調な勢いで上昇を続けている。

直近では、提携先であるノバルティス社が欧州医薬品委員会により喘息患者の維持療法として欧州連合における承認を勧告されたと発表。今後の業績への貢献が期待され、株価はさらに騰勢を強めている。こういった好調なモメンタムもあり、今後も買いを呼び込みやすいと考える。

日経平均(101) コール 1580回
権利行使価格20,500円(原資産:20,388.16円) デルタ:0.5

国内で新型コロナウイルスの感染者数の伸びが鈍化しつつあるほか、緊急事態宣言の段階的解除も進んでおり、国内での経済活動再開に向けた期待が高まっている。海外では先んじてロックダウン(都市封鎖)措置の解除が進行しており、海外の主要国株の上昇もあって投資家心理は改善しつつある。

新型コロナウイルスの感染拡大の発端に関連して米中間の関係が緊迫化する場面も見られるが、米トランプ大統領が貿易交渉の第1段階の合意は破棄しない姿勢だと報じられるなどしており、相場を大きく押し下げる材料には今のところならなそう。決算シーズンを終え、主力株などに見直し買いも向かうと考えられる中、今後はしっかりとした値動きを見せるとみる。


(提供:DZHフィナンシャルリサーチ)

※記載の銘柄情報はDZHフィナンシャルリサーチとの情報利用契約に基づき、eワラント証券が利用料を支払って掲載しています。また、分析対象の選定およびコメントは、DZHフィナンシャルリサーチ独自の調査・判断に基づくものであり、eワラント証券による投資情報ではありません。