2017年12月4日の特選銘柄

DZHフィナンシャルリサーチ社提供の今週のeワラント特選銘柄です。
提供:DZHフィナンシャルリサーチ 

<今週の東京株式市場見通し>

 今週(12/4~12/8)の日経平均株価の予想レンジは22,400円-22,900円。東京市場は週末発表の米11月雇用統計を前に伸び悩む展開が予想される。12/12-13に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げが確実視されており、指標結果に動揺することはなさそうだが、日経平均株価の11/9高値(23,382円)を前にいったん買い手控えムードが強くなりそうだ。半導体関連株の下落や円高が警戒要因となり、押し目買いに積極的だった投資家は少ない。一方、11/30のダウ平均の加速度的な上昇に加え、ドル円は再び112円台を回復する展開となっており、週末のメジャーSQに向け好需給が維持され売り方の買い戻しが株価の下支え要因となりやすい。

 一方、米債務上限問題への懸念増幅、北朝鮮情勢リスク、上海総合指数の不安定な動きが悪材料視される可能性があることや、ドル円も113円台に入ると円高方向に押し戻されることが予想される。東京エレクトロンやソフトバンクなど指数寄与度が高い個別株の一部がやや崩れた状態にあり、ダウ平均の短期的な過熱感とともにメジャーSQ週で戻り高値となるシナリオが想定される。

 裁定取引に伴う現物株の買い残高が増加基調にある。11/24現在、2兆8,774億円と2015年12月以来の水準まで積み上がっている。9月安値以降の上昇局面では先物主導による新規買いや買い戻しが入り、裁定買いが誘発された。当面は、日経平均株価が外部環境の変化などで下げる局面では、下落圧力が強くなる要因になるといえよう。下落時には日銀によるETF買い(年末まで買い余力は6,600億円程度、11/30現在)は入るが、海外投資家が休暇に入る月後半に向けての動きには留意しておきたい。
国内の経済指標では、10月景気動向指数(12/7)、7-9月期GDP改定値、11月景気ウォッチャー調査(12/8)など注目指標が多く、米国の経済指標では、11月ISM非製造業景況指数(12/5)、11月ADP雇用統計(12/6)、11月雇用統計(12/8)などが注目材料となる。

(提供:DZHフィナンシャルリサーチ 日本株情報部 東野幸利)

<今週の注目銘柄>

SUMCO(3436) コール 141回
権利行使価格3,000円(原資産:2,776円) デルタ:0.5

 前週の株価下落はあくまでも「調整」であり、株価の上昇トレンドに変わりはないと考える。10月上旬に1,750円レベルで推移していた株価は、1カ月半足らずで、11月22日には3,160円まで上昇。これは300ミリに加え、200ミリウエハーの本格的な価格上昇が見込まれるという「裏付けのある株価上昇」である。投資家不在のマーケットで散見される、材料株物色や、値動きだけに着目した短期・投機資金流入に伴う株価急騰を演じる銘柄とは異なる、いわば健全な株価上昇である。この点、確かにSUMCO自体にも前述の「値動きだけに着目した資金流入」はあったのかもしれないが、投機的に買われた銘柄とは異なり、安値やチャートポイントでは、「健全な投資資金」の流入でしっかり下げ止まり、反転上昇すると見込まれる。今回の株価調整のきっかけの1つが、UBS証券によるレーティングの引き下げ(「Neutral」→「Sell」)であり、株価急騰を理由にしたものであった。同レポートの目標株価は2,600円であり、それならば、2,600円レベルまで株価が下落すれば「調整」完了と見て取れよう。

 SUMCOに対する見方は強弱分かれており、カバレッジの入る証券会社の目標株価をみると、3,000円以上が過半を占める。200ミリウエハーの本格的な価格上昇という追い風を考慮すれば、3,000円を超える株価上昇は十分に期待可能。競合他社による増産リスクは低いとみられ、足もとの良好なモメンタムは、2018年はもちろん、持続すれば2020年ごろまで続く見通し。なお、MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)による指数銘柄の定期見直しで、11月に新規採用が決まった。これまでのような株価急上昇とまではいかなくても、堅調な地合いは保たれよう。

三井物産(8031) プット 123回
権利行使価格1,600円(原資産:1,694.5円) デルタ:-0.3

 日足チャートで一目均衡表を見ると、11月9日高値1762円からいったん調整に入ったものの、1,624円で下げ止まり反転していることが見て取れる。雲の下限でかろうじてサポートされた格好。これで、5~6月につけた安値1,500円からの上昇基調は継続していることになるが、3月1日高値1,753円と11月9日高値が「高値顔合わせ」となったことで、株価の上昇モメンタムは一服するのではないだろうか。ここから1,620円~1,750円レベルのレンジ相場に移行すると考える。クリスマス→年末年始と手掛けづらい相場になるとみられる中、模様眺めの様相が強まるとみるためである。

 問題は、2018年に入って株価が上下どちらに動意づくかであるが、少し長めのチャートを見ると、2012年冬の「アベノミクス相場」以降、1,750~1,800円でアタマを打っている点を見逃せない。今回も、この高値を更新していくにはカタリスト不足とみて、上記のレンジ相場はいずれ下抜けると予想。権利行使価格に1,600円を選ぶ。「市況銘柄」の代表格である同社だが、鉄鉱石市況の上昇期待が、足もとの株価上昇の背景にあるとみられる。だが、これは相応に織り込まれたのではないだろうか。1,500円前後までの株価下落の可能性は、十分にあり得るとみる。

KLab(3656) コール 2回
権利行使価格2,400円(原資産:1,829円) デルタ:0.5

 11月27日よりeワラントに新たに追加された同社に注目。他のゲーム株同様に荒い値動きとなっているが、満期日である2018年6月13日まで、堅調な地合いは維持されるとみる。7月13日に付けた高値2,364円をブレイクし、高値を更新していくとみて、権利行使価格に2,400円を選ぶ。4月に700円レベルで推移していた同社株はわずか3カ月で、前述のように2,364円の高値へと3倍超に急騰。その後、1,800~2,400円での上下動となった後、9月上旬に2,300円→1450円への急落を見せたが、足もとは戻り基調である。高値では売りそびれた投資家の「塩漬け株」はいまだ残り、2,000円を超えると戻り待ちの売りが出やすいと見込まれるが、年末年始は例年、ゲーム株が物色されやすい。目先、大型株は手掛けづらい展開とみられ、この12月~2018年1月は例年以上に「個人投資家が選好する銘柄」に短期資金が集まりやすいと予想。新値更新から、上値を拓いていく展開まで見込まれよう。

 株価はボラティリティ(変動幅)が大きいものの、業績は好調である。9月の株価急落前、8月7日には、今17.12期営業利益予想の上方修正を発表。6月13日にリリースした新作タイトル「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」が好調であるためとされた。さらに、11月7日には、再上方修正が発表された。投資家の間に好業績期待が醸成されていたため、ここでは材料出尽くしムードが広がって株価は下落したが、業績が堅調であることは紛れもない事実である。配当予想が増額されたほか、11月16日には株主優待制度の導入も発表。500株(5単元)以上を6カ月以上継続して保有する株主を対象に、人気ゲームタイトルのオリジナルクオカードを進呈するという内容。「株価対策」も考慮されたものであり、前期までとは異なって、この今17.12期の期末にかけては、すでにホールドしている投資家の売り物は出にくいと考える。早ければ年内にも、新高値をつける展開もみられるだろう。

(提供:DZHフィナンシャルリサーチ 日本株情報部 小林由二)

※記載の銘柄情報はDZHフィナンシャルリサーチとの情報利用契約に基づき、eワラント証券が利用料を支払って掲載しています。また、分析対象の選定およびコメントは、DZHフィナンシャルリサーチ独自の調査・判断に基づくものであり、eワラント証券による投資情報ではありません。