2019年3月4日の特選銘柄

DZHフィナンシャルリサーチ社提供の今週のeワラント特選銘柄です。
提供:DZHフィナンシャルリサーチ

<今週の東京株式市場見通し>

今週(3/4~3/8)の日経平均株価の予想レンジは21,300円-21,800円。

週末の米2月雇用統計の発表を控え短期筋も積極的に動けず、先物市場は6月限へのロールオーバー以外の商いの増加は見込みづらい。

現物市場は内需・外需景気敏感への入れ替わり物色や、決算銘柄への売買がヘッジファンドなどの参入を中心に賑わいそうだ。

3月の本決算月ということで持ち合い解消売りなどが上値を抑える要因となるが、米国株の堅調が続くことが予想されるほか、業績への期待値に影響するドル円相場が底堅く日本株の支援材料になるかが注目される。

ドル円は週足の一目均衡表では抵抗帯(雲)が110円台前半で推移しており下値支持になりやすいほか、転換線という短期線が今週は上昇に転じることで、円安に対してポジティブな要因が発生する。

一方、ドル円の2009年以降の3月相場を振り返ると、2009年~2015年まではすべての年で月足は陽線だった。

2016年~2018年は陰線ではあったものの、下げ渋ったケースが目立つ。

週末(3/8)は3月限のメジャーSQが算出される。過去の「SQ」前後は相場の短期的な分岐点になってきたことも少なくない。

年4回あるメジャーSQ日の前後20日間の日経平均株価の動きを2006年~2018年の平均でみると、9月のSQ後は上昇のあと弱含む一方、12月は「掉尾の一振」で買いが一巡する傾向がある。

一方、3月、6月は比較的堅調となる傾向がある。特に、3月は年度末の配当狙いの買いや期末のドレッシング買い、4月からの新年度相場への期待感、月末にかけては年金資金などによる配当再投資の買いなど、季節的な要因もあって上昇に弾みがつく傾向がある。

ただし、これはあくまでも過去の平均値であり、アノマリーだけを頼りにした戦略は得策ではないといえる。

国内の経済指標では、1月景気動向指数(3/7)、10-12月期GDP改定値、2月景気ウォッチャー調査がある。

一方、海外の経済指標では、米2月ISM非製造業景況指数(3/5)、米2月ADP雇用統計、米12月貿易収支、ベージュブック(3/6)、ECB理事会(ドラギ総裁記者会見)(3/7)、中国2月貿易収支、米2月雇用統計(3/8)などが材料視される。

(提供:DZHフィナンシャルリサーチ 日本株情報部 東野幸利)

<今週の注目銘柄>

第一生命ホールディングス(8,750) プット 73回
権利行使価格1,450円(原資産:1,713円) デルタ:-0.3

金融株全般にアゲインストの事業環境が続くと見ているが、とりわけ、保険セクターはより厳しいものになるとみている。

このほど、今19.3期業績見通しについて、会社側から上方修正が発表されたが、ひとまず今期中はマズマズの着地になるとみている。

だが、来20.3期については、業績への目線を低めにすべきであろう。

長期金利上昇は見込み難く、むしろ下落に転じる可能性が出てきた。

カバレッジの入る証券各社のレポートでも、昨年末の強気モードから一転、弱気派が増えてきた。それに純張りで乗りたい。

チャート的にも、ベクトルは下方向の蓋然性が高まってきている。

月足チャートをみると、2018年12月に高値2,041円→安値1,611円と急落したが、かろうじて雲の下限で踏みとどまった。

しかし、この雲はかなり薄く、3月になると下抜けて、4月以降に弱い株価推移となることが予想される。

オシレーター系の株価指標を見ると「売られすぎ」とはなっておらず、下げ余地はまだありそうだ。

米中の経済対立、英国のEU離脱問題など、リスクは4月の新年度入り以降、顕在化してくる公算も大きく、保険株が敬遠されやすくなることは十分にあり得る。

2016年に1,000円割れ目前まで下落したが、そこまでとはならなくても、下値模索となるリスクは低くはないとみている。

ソースネクスト(4344) コール 2回
権利行使価格550円(原資産:519円) デルタ:0.5

過去にはスマホの各サービス関連(Wi-Fi、セキュリティなど)をはじめ、その時々のテーマに沿って短期筋、投機筋の買いを集めて「○○関連」としてにぎわう銘柄として知られたが、このところは、同社自体への期待で投資資金を集める銘柄になってきている。

足もとではAI通訳機「POCKETALK W」への注目度が高まっており、採用が続々と決まっている。

当初は短期・期間限定のイベントでの利用が目立ったが、その実績が評価され、美術館や博物館など、外国人が訪れやすい公共施設を中心に導入された。そして、最近ではJR、私鉄各社と、鉄道会社での導入が相次いでいる。

この「POCKETALK W」については、認知度アップを目的に広告宣伝費をかけたため、業績への貢献は限定的であった。

だが、メディアで取り上げられるケースが増え、知名度が上がり、個人ユーザーも増えてきているようである。

株価は昨秋以降、下値は500円レベル、上値は760円でボックス相場の様相となっているが、上下どちらにも放れる材料に乏しく、もうしばらくレンジ内での上下動が続くと予想。550円を権利行使価格に選び、700円台への上昇を見込んでいる。

TOPIX プット 239回
権利行使価格1,600円(原資産:1615.72円) デルタ:-0.5

2月に入っていったん弱含む場面もあったものの、年明け以降は上昇基調となっている。

2018年後半の値動きを振り返ると、10月2日に1,838.30円まで上昇したが、そこから全体の相場の地合い悪化に伴って下げに転じ、12月26日には1,408.89円まで下落した。

3カ月足らずで23%もの調整である。だが、足もとでは1,600円を超えてきており、前述した1,838.30円→1,408.89円の半値戻しを達成している。

日足チャートを見ると、この間に一目均衡表の雲を上抜けてきている。ブル(強気)派の次なる上値のターゲットは、3分の2戻しに当たる1,674円あたりであろうか。

だが、このまま上昇基調を続けられるかとなれば、そろそろ一服する可能性もありそうだ。

現状は薄商いの中、目立った売り物も出ずに、材料株物色が進む中でスルスルと上昇している。

ちなみに、新興市場も同様で、バイオ株を筆頭に値動きのよいものに個人投資家の買いが集まっているに過ぎず、機関投資家は模様眺めに徹しているようである。

これでは、上値で戻り待ちの売りが出てくればトレンドが一気に変わってしまう可能性がある。

安値で買った投資家の利益確定売りも相まって、はしごを外されたかのように下落するリスク大と見る。

このレポートでもたびたび指摘しているが、2019年は異例の相場であり、ゴールデン・ウィークが10連休となる。

一般的に、機関投資家はそこでポジションを買いであれ、売りであれ、持ち越したくないであろう。

3月に入ると、ロング(買い持ち)筋の投資家による利益確定売りで上値が重くなり、4月になると株価の下押し圧力が強まる公算大と見ている。

(提供:DZHフィナンシャルリサーチ 日本株情報部 小林由二)

※記載の銘柄情報はDZHフィナンシャルリサーチとの情報利用契約に基づき、eワラント証券が利用料を支払って掲載しています。また、分析対象の選定およびコメントは、DZHフィナンシャルリサーチ独自の調査・判断に基づくものであり、eワラント証券による投資情報ではありません。