2021年7月12日の特選銘柄

フィスコ社提供の今週のeワラント特選銘柄です。
提供:フィスコ社

<今週の東京株式市場見通し>

今週(7/12~7/16)の東京株式市場は短期的な戻りを試す展開か。日経平均株価の週間予想レンジは27,500円~28,500円。上場投資信託(ETF)の分配金捻出に伴う需給悪化要因がなくなることや、前週の間に日経平均は1,000円近くも下げていることから、短期的には反発が予想される。しかし、新型コロナウイルスの感染再拡大や国内の政治不透明感から、日本株は引き続き上値の重い展開が想定される。

東京都への4度目となる緊急事態宣言の発令、東京五輪での無観客開催の決定などを受けて、新型コロナウイルスデルタ変異株の拡大が世界経済の回復ペースを鈍化させる懸念が強まってきている。連日最高値を更新していた米国市場でも前週は週後半にかけて主要株価3指数が揃って値を崩す傾向が見られた。好調だった米国株まで軟調となると、相場全体の手控えムードにも繋がりかねないため、米株市場の動向には留意したい。

つい最近までは、“インフレ加速・長期金利上昇”というリスクが恐れられていた。しかし、足元では、米国で期待インフレ率の指標とされる10年物ブレークイーブン・インフレ率が2.2%台にまで低下するなど、5月10日に記録した2.54%をピークに低下傾向が継続している。また、米10年物国債利回りも3月に付けた1.78%をピークに低下傾向が続いており、前週には1.2%台と5カ月ぶりの水準にまで切り下げる場面も見られた。

長期金利の低下の背景としては、米連邦公開市場委員会(FOMC)後にショートカバー(売りポジションの解消)が進んだことなど、需給面での要因が大きいとの声が聞かれる一方、債券市場では年後半の景気減速を織り込みにいっているとの指摘も聞かれている。実際、米国やドイツなどでは経済指標のモメンタムが鈍化してきており、景気回復ペースが減速してきているのは事実のようだ。

金利低下は株式投資の妙味を高め、相場のサポート要因となるはずだが、将来の景気後退を映した金利低下となると、話は異なる。グローバルに活動する製造業など景気敏感株の占める比率が高い日本株にとってはネガティブな話であり、海外勢が日本株を敬遠することで今後の上値の重さにも繋がりそうだ。また、3度目の緊急事態宣言解除から1月も経たないうちの4度目の緊急事態宣言の発令、緊急事態宣言下での東京五輪開催を巡る是非の声などを背景に、国内での与党の求心力低下を懸念視する向きも増えている。政治不透明感の高まりも海外勢が日本株を避ける一因となるため、こちらも日本株の上値を重たくしそうだ。

ただ、米サプライマネジメント協会が発表する製造業・非製造業のISM景況指数などはモメンタムが鈍化していても、好不況の目安となる50を大幅に上回る60を4カ月以上連続で記録している。水準としては依然強いことに変わりはなく、景気鈍化を織り込むのは早すぎる印象も受ける。また、安いところでは買い集めておきたいと考える投資家もいるはずで、日米ともに相場がここから一層大きく崩れることは想定しにくい。日経平均については既に相当に水準を切り下げていることもあり、200日移動平均線が位置する27,500円が下値めどとして意識される。

一方、今月下旬からは主力製造業の4-6月期決算が徐々に始まってくる。投資を検討していても、まずは決算を確認してからと考えている向きが多そうで、決算が一巡するまでは、外部環境の不透明感の継続もあり、反発力は鈍いと考えておいた方がよさそうだ。

そのほか、今週は海外での経済指標にも注目だ。まず米国では6月の消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)など物価関連の指標が発表される。上述したように、足元では期待インフレ率および長期金利が低下してきているわけだが、米国でのインフレ懸念がなくなったわけではない。発表後にトレンドが転換するのか反応を見極める必要がある。また、中国では4-6月期GDP(国内総生産)や6月の鉱工業生産、小売売上高など景気指標が予定されている。なお、米国でも景気指標の発表が多い。足元では、景気回復ペースの鈍化が懸念され始めているだけに、世界経済をけん引する米中二大国の景気指標には注目が集まる。指標の鈍化が鮮明になると、一段のリスクオフムードともなりかねないため、留意が必要だ。

一方、国内では、小売業を中心に3-5月期決算が終盤を迎える。週初から多数の決算が予定されており、週を通して決算を受けた個別株物色が中心となりそうだ。

なお、今週は12日に6月工作機械受注、米3、10年国債入札、13日に中国6月貿易収支、米6月消費者物価指数、米6月財政収支、米30年国債入札、14日に米6月生産者物価指数、地区連銀経済報告(ベージュブック)、15日に日銀政策決定会合(7/16まで)、中国4-6月期GDP、中国6月鉱工業生産、中国6月小売売上高、中国6月固定資産投資、米7月ニューヨーク連銀製造業景気指数、米7月フィラデルフィア連銀景気指数、米6月鉱工業生産、16日に黒田日銀総裁会見、米6月小売売上高、などが予定されている。

<今週の注目銘柄>

リクルートホールディングス(6098) コール 85回
権利行使価格5,000円(原資産:5,514円) デルタ:0.85

米国ではワクチン接種の普及とともに経済活動がほぼ正常化してきており、これに伴い、人手不足が深刻化している。求人広告需要も相当に旺盛で、買収したIndeed上の求人広告数もコロナ禍前を上回ったという。Indeedを中心としたHRテクノロジー事業をけん引役に好調な業績推移が期待できそうだ。

富士通(6702)コール 220回
権利行使価格20,500円(原資産:21,080円)デルタ:0.56

DXビジネスの強化を方針として掲げており、テクノロジーソリューション事業をけん引役とした堅調な業績が期待される。足元の受注動向も高水準を維持しているもよう。また、増配や自社株買いなど株主還元策にも積極的で、投資家からの評価は高い。

富士フイルムHD(4901)コール 103回
権利行使価格8,100円(原資産:8,182円)デルタ:0.52

前週末の9日、2031年3月期にヘルスケア事業の売上高を21年3月期比3.1倍となる1兆7,500億円規模に伸ばす方針と、日本経済新聞が報じた。市場が急成長するバイオ医薬品の開発製造受託(CDMO)で受注拡大を見込むほか、医療機器事業も強化する予定。売上構成比を5割まで高め、「総合ヘルスケアカンパニー」への転身を目指すという。好調な業績推移とともに、中長期的な事業改革も評価されており、株価は25日移動平均線に沿ったトレンドが継続中だ。


(提供:株式会社フィスコ)

※記載の銘柄情報はフィスコ社との情報利用契約に基づき、eワラント証券が利用料を支払って掲載しています。また、分析対象の選定およびコメントは、フィスコ社独自の調査・判断に基づくものであり、eワラント証券による投資情報ではありません。