今年だけで上昇率に約3倍の差が?小額からテーマ投資するならバスケットトラッカー

株式運用の考え方に株価指数に連動する投資成果を目指すパッシブ運用と、銘柄を選別して株価指数を上回る投資成果を目指すアクティブ運用があります。一般的にパッシブ運用の場合は保有銘柄数が多く個別銘柄の影響が小さくなるため、特定の銘柄が暴落してもその影響を抑えることができますが、市場並みの投資成果しか得られません。それに対してアクティブ運用はパッシブ運用よりも保有銘柄が少ない傾向があり、保有銘柄の暴落リスクが大きくなりますが、市場を超える投資成果を得られることがあります。しかし、銘柄選定はプロのファンドマネージャーでも難しく、株価指数を上回る投資成果を得ることは容易ではないと言われます。

しかしながら、株式市場においては注目されるテーマに関連した銘柄が株価指数を超えて上昇することがあり、そのテーマに関連する複数の銘柄に投資することで株価指数を上回る成果となることがあります。eワラントには、株式市場において関心の高い銘柄群(テーマバスケット)に小額からまとめて間接的に投資ができる商品があります。バスケットトラッカーeワラントです。

図は自動運転関連株に投資ができる「自動運転関連バスケットトラッカーeワラント」と日経平均株価のパフォーマンスを比較したものです。当該バスケットトラッカーeワラントの取引が始まった2月6日以降で比較しています。この期間、日経平均は19.1%の上昇となっていますが、当該バスケットトラッカーeワラントは55.0%の上昇となっています。上昇率でみると3倍近い差になっています。

自動運転関連バスケットトラッカーeワラント」は11月8日に満期日を迎えますが、その後継商品として「自動運転関連バスケット2トラッカーeワラント」が10月16日から取引ができるようになっています。「自動運転関連バスケット2」は、大手半導体メーカーを中心に、eワラント証券が独自に選別した自動運転技術に関連する10銘柄で構成されています。「自動運転関連バスケット2」の特徴として、完成車メーカーが含まれていないことが挙げられます。これは、自動運転技術を支える部品やシステムの需要を担うサプライヤーへの投資の方が、現在の企業収益へのインパクトなどから判断して投資妙味があると考えられるためです。

コード 銘柄名 銘柄概要 設定時の構成比
6758 ソニー イメージセンサーの最大手。ボッシュと自動運転向け車載カメラを共同開発。 10.0%
6902 デンソー トヨタ系の自動車部品メーカー。CPU,GPUを補完するプロセッサを開発。 10.0%
6908 イリソ電子工業 車載用途のコネクタが主力製品。運転支援システムの搭載で需要拡大期待。 10.0%
6929 日本セラミック 自動運転に必須な車載用衝突防止センサーで世界的なシェア。 10.0%
7276 小糸製作所 自動車ヘッドライトの世界最大手。センサー内臓のヘッドライトを開発。 10.0%
AMD アドバンスト
・マイクロ・デバイセズ
米大手半導体メーカー。テスラと自動運転分野で提携との観測報道。 10.0%
DLPH デルファイ
・オートモーティブ
米自動車部品メーカー。インテルとBMWの自動運転開発プロジェクトへ参入。 10.0%
INTC インテル モービルアイを買収。グーグル系の自動運転開発会社が同社の半導体を採用。 10.0%
MGA マグナ
・インテーナショナル
カナダの自動車部品メーカー。自律走行プラットフォーム「MAX4」を発表。 10.0%
NVDA エヌビディア 自動運転プラットフォーム「DRIVE PX」を開発。トヨタ、アウディ等へ提供。 10.0%

自動運転関連バスケット2トラッカーeワラント」の満期日は2018年8月8日であり、原則として満期日まで「自動運転関連バスケット2」の構成銘柄は変わりません。また、トラッカーeワラントは、中長期的に対象資産(本稿においてはテーマバスケット)と似たような値動きをするように設計されており、レバレッジはありません。トラッカーeワラントは投資信託ではないので、信託報酬はありませんが、管理コストが価格に反映されており、お客様の買値と売値には価格差(売買スプレッド)があります。(なお、トラッカーeワラントには「プラス5倍」または「マイナス3倍」という銘柄があり、これらはレバレッジのあるトラッカーeワラントです。)

(eワラント証券 投資情報室)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。