国内個別株式の取扱いを再開!

新型コロナウイルスの世界的拡大に伴う市場の変動性拡大の影響により、国内個別株式を対象原資産とするeワラントの新規発行銘柄数を削減していましたが、9月23日より国内個別株式20銘柄を対象とするeワラントの取扱いを再開します。本稿では、取扱いが再開された個別株とeワラントの活用法を改めてご紹介したいと思います。


どのような銘柄が追加されたのか?

今回の発行では、セクターのバランスやこれまでの人気を考慮して、次の表の20銘柄が選定されました。

これらの銘柄のうち昨年末からの騰落率上位・下位3銘柄ずつを抜き出してみると次の図のようになりました。


上位には、コロナ禍でも巣ごもり需要が期待されたサイバーエージェント(4751)や、宅配需要からいち早く回復をみせたヤマトHD(9064)、英半導体設計大手のアームの売却やMBOの検討報道など話題の尽きないソフトバンクグループ(9984)が入っています。一方で、原油価格の低迷による影響が懸念される国際石油開発帝石(1605)や、鋼材需要の減少が続く日本製鉄(5401)、長期金利の低下等が重しとなっている三菱UFJFG(8306)が下位となっています。


ダイナミックな値動き…だけじゃない?

8月の上昇率ランキングでは、金リンク債を対象とするコールが上位を独占しました。ただ、1位の金リンク債コールでも上昇率は390%と、eワラントにしては少し物足りない数値という印象を受けます。対象原資産のラインナップが比較的豊富で、市場のボラティリティも高かった5、6月には、 日産自動車(7201)を対象とするコールが800%超の上昇で1位をとっていました。ボラティリティこそ落ち着いた水準での推移が続いていますが、対象原資産の増加でよりダイナミックな値動きをみせる銘柄が現れるかもしれません。

もちろん、eワラントの魅力は単純にコール・プットを利用したリターンを狙うだけではありません。プットを現物株の保険として利用することもできます。前述したソフトバンクグループは、昨年末からの上昇こそ大きいものの、9月初旬には米ハイテク株の急落により1週間で10%超安となる場面もありました。こうした下落局面でも、保有する現物株と同量(各原資産によって1ワラント当たりの原資産数は異なります)のプットを保有しておくことで、現物株が目減りした分に近い額のリターンをeワラントで得ることが出来ます。予想に反して上昇をみせても、損失はプットの買付額だけで済むため、掛け捨ての保険のように使えるというわけです。

皆様も追加された銘柄を活かした投資を検討してみてはいかがでしょうか。


(eワラント証券)

* 本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。