今さら聞けない「FRBのバランスシート縮小」9月FOMCの投資アイディア

 9月19-20日の日程で米国では連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。直近のFOMCではFRBのバランスシート縮小開始時期、今後の米経済見通しとそれに基づく利上げ方針に注目が集まりましたが、今回も同様の点がテーマになりそうです。特にバランスシートの縮小に関しては今回の会合で着手する可能性が高いと見られているようです。

 バランスシートの縮小とはFRBが保有資産、すなわち国債や各種債券を減らすことを意味しますが、FRBが何故バランスシート縮小に着手しようとしているのか、縮小した場合どのような影響があるのか、十分に理解ができていない方もいらっしゃるかもしれません。そこで本コラムではFRBがバランスシート縮小に着手するまでの経緯を振り返るとともに、今回のFOMCで想定されるシナリオと投資戦略について考察しました。

FRBのバランスシート縮小って何?

 下図はFRBの保有資産の推移を表したものです。そもそもFRBのバランスシートは、2008年の金融危機への対応に端を発した量的金融緩和によって拡大してきました。QE1~3と呼ばれる3度にわたって行われた量的緩和によって、FRBは大量の米国債や住宅ローン担保証券(MBS)を買い入れ、市場に資金を供給してきました。潤沢な資金が投入されたことで、米国経済はインフレに転じ、昨今の景気拡大につながっています。景気の回復を受けてQEは2014年10月に終了を迎えましたが、その時点でFRBの保有資産は約4.4兆米ドルにまで膨れ上がりました。

 本来、債券は満期を迎えると償還されますが、FRBはこれまで償還された金額を再投資に回していました。今回、バランスシートを縮小するにあたってはこの再投資額を縮小するアプローチがとられる予定であることが6月の会合で明らかとなりました。具体的には、米国債については月当たりの再投資見送り額を当初60億ドルに設定します。その後、月額300億ドルに達するまで、1年をかけて3カ月おきに60億ドルずつ増やしていく計画としています。MBSについては、再投資見送り額を当初40億ドルから始め、月額200億ドルに達するまで、1年をかけて3カ月おきに40億ドルずつ増やしていく予定です。市場への影響を考慮して、FRBの資産規模からすると、ごく緩やかなペースで行うものとなりそうです。

 そのように慎重を期してでもバランスシートの縮小に踏み切った理由としては、再び訪れるであろう金融危機に対して適切な政策を実施できるようにしておくためです。株価が史上最高値圏にあり、労働需給が完全雇用に近い状態にある間に、金利正常化と共に、バランスシートを縮小しておきたいというのがイエレン議長をはじめとした米金融政策担当者の意図のようです。

 バランスシートを縮小する=債券の再投資を控えるということは、債券の買い手が減って価格が下がり、金利が上がることを意味しますので、基本的には米ドル高・株安要因となります。ただし、米国株式が大幅下落するようなことがあれば、取引通貨である米ドルも合わせて急落する可能性がある点には注意しておかなければいけないでしょう。

9月FOMCの投資アイディア

 前述のバランスシート縮小については、前回会合時点で多数の理事が支持していたことから、9月の開始は既にある程度織り込まれているものと思われます。仮に、本会合で実施が決まらなかった場合には米ドル対円相場は大きくドル安に進む可能性があります。

 一方、年内の追加利上げについては、まだ十分に織り込まれていない可能性があります。CME金利先物に織り込まれている年内追加利上げの可能性は41.9%(125-150bp:41.1%、150-175bp:0.8%)と市場関係者の見方も分かれているようです。終了後の会見でイエレン議長が好調な企業業績を背景に、追加利上げに強気な姿勢を示せば、米ドル高が進むかもしれません。一方、地政学リスクの高まりや先日のハリケーン被害の影響から慎重な姿勢を見せれば、米ドル安に転じる可能性もあります。

<米ドル高を予想するなら>
米ドル ドル高(コール)型 830回
ニアピン米ドルr2 996回

<米ドル安を予想するなら>
米ドル ドル安(プット)型 714回
米ドル ドル安(プット)型 712回
ニアピン米ドルr2 992回

(eワラント証券 投資情報室次長 多田 幸大)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。