SQ週の両建て戦略

 SQとは日経225先物取引や日経225オプション取引の権利行使に利用される清算値で、スペシャル・クォーテーションの略のことです。日経225先物取引は3ヵ月ごとに、日経225オプション取引は毎月SQがあり、通常、第二金曜日がSQが算出される日(以下、「SQ日」)となっています。特に3、6、9、12月のSQは日経225先物取引と日経225オプション取引のSQが重なることから、メジャーSQと呼ばれます。

 SQが注目されるのはSQ日が近づくとSQを巡って相場が荒れる傾向があるからです。日経225オプション取引の場合、SQによって権利行使となるか権利放棄となるかが決まるため、取引参加者にとっては非常に重要であり、ポジションの解消やヘッジ取引のために相場が荒れる、といった相場解説がなされることもあります。

 SQ日を週末に控えた週に相場が荒れる可能性が高いという前提に立てば、リスクを承知の上で相場の変動を狙ったポジションを構築することも考えられます。この点、証拠金取引ではないeワラントは相場の急変が生じてもポジションを強制的に決済されることはありませんし、相場観が当たれば大きな収益を狙うこともできるので、荒れ相場こそeワラントの出番と言えるでしょう。

 とはいえ、相場の方向性を予想するのは困難です。そこで、相場が上がると利益が期待できるコール型eワラントと、相場が下がると利益が期待できるプット型eワラントを両方ともSQ週に保有し、どちらでもいいから相場が大きく動くことを狙います。

 ちょっと難しそうに思えますが、実践方法はシンプルです。SQ日の1週間前ほどに、相場水準以上の権利行使価格のコール型eワラントと、相場水準以下の権利行使価格のプット型eワラントを両方買い付けるだけです。コール型eワラントとプット型eワラントの単価は異なりますので、数量で調整して同じくらいの投資金額になるように買います。相場が上下どちらかに大きく動くと、片方の上昇が片方の下落を相殺し、トータルで数%の収益の獲得を狙うことができます。

 リスクとしては相場が大きく動かない場合です。相場が動かず時間だけが経過すると保有しているeワラントが下落します。投資戦略の成否に関わらずSQ日には保有しているeワラントを売却するのがポイントです。

【eワラントについて】
 eワラントは少額からレバレッジ投資が可能なカバードワラントという金融商品取引法上の有価証券です。レバレッジ投資が可能でありながら損失限定(投資した資金以上の損失はない)という特長を持っています。レバレッジ水準は国内外の個別株式・株価指数を対象原資産とする銘柄で2~20倍程度、為替を対象原資産とする銘柄で2~50倍程度です。

(eワラント証券 投資情報室長 小野田 慎)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう